「とけない雪だるま」・・とは?

2013.01.10
いつもごらん下さっている皆様、ありがとうございます。
おかげさまでモリモリ頑張って更新できております♪
 「これが解けない雪だるまだ!」↓

見た目は雪。 つい、「!?」っと思って触りたくなる。

※これはスタッフが作った作品です。(かまくらと小さいのはワタシが作ってみた♪)

 
 「作り方」↓

塩に、卵の卵白をくわえて混ぜて作る。塩は200グラムぐらいに対して、よく溶いた卵白大さじ2杯ぐらい。

そして写真のようによく混ぜて練る。雪状にサックリしてきたら、それを使って作品製作にかかれます。

練りがうまくいけば5分ぐらいでOKになるし、10分以上掛かる場合もある。そこが最大のポイント。
 「これはいい!」↓

事務所の方の工夫だそうです。 これはいいアイデアだ。

いままで、忘れ物は見えるところにポンとおく程度でした。でもこれならピンときやすい。

 「パールちゃん」↓

「あたしは今日、おやすみなの」  と、パールちゃん。

 「イーグル君の・・」↓

去勢した部分のハレもひき、もう大丈夫になってきた。

(それでも少々グロくてすみません)

インノウをスパッと切って、睾丸をクリッとだして、精管をグヌッシと圧切断。

(擬音も多くてすみません)

イモトお姉さんとイーグルが頑張ったので、最終的に上手く行ったようです。

手術時には多くの人に手伝って頂きました。ありがとうございます。

 「張り替えた」↓

今年の農園募集連絡希望アドレス書き台のPOPを新しくしてあります。新年ですし。

 「地面にまいたもの」↓

遊具の凹みに茶色いものをまいた。 これは・・コーヒーかす。

食品の会社では、コーヒーを搾り取った後のカスは、産業廃棄物として、処理に困っている場合が多い。

牧場で引き取り、動物の敷料にしたり、霜柱でドロつくところにまいたり。これがなかなか・・便利!

踏んでも頑丈だし、辺りに漂うコーヒーの香りも素敵♪
 「これです」↓

触ってみても、汚れはつかない。ガサガサしている。

 「ヤギさんの『サン』」↓

今年の初めての子供が上手くいかなかったヤギのサン。

このままでは母体が危険かもしれないと診断され、様子を見ていたが・・・・

何も出ていないのに、モリモリご飯を食べ、元気な様子。  まあ元気なら良いのだけど・・

モノ言えぬ動物。 体調観察、油断なりません。
 「一騒ぎあった現場の写真」↓  

以前、この場所の写真で「ひと騒動」あった。

「写真の薄暗い部分に、明らかに大きさのおかしい子供が写っています。心霊写真ですよね!?幼稚園で

みなが不安がっています。お払いが必要では?」という内容。

メールに添付されていた写真を開いて・・・・・・・・・・・事務所で大爆笑。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る