「グリドンの家」材料到着

2008.01.16
今朝も息が白くなり寒い朝でした・・・・。 が!

やっぱり通年より暖かい気がします。

霜柱もさほど高くもならないし、何より日陰の氷が少ないです。

例年ならぶ厚い氷が、日陰になる作業場前に1冬ずっと横たわっていたのに今は何もありません。

以前は、朝凍結で水道が出ない日が多かったのに今はほとんどありません。

温暖化の影響なのでしょうか・・・・。
 「種まきを待つ畑の様子」↓

15日朝の写真です。

12月に堆肥をすきこみました。

でも寒いので、1ヶ月たっても土とのなじみ具合はまだこれから。ゆっくり進むようです。

ここで昨年は、ジャガイモ・トウモロコシ・ソバ・ダイコンを作りました。

ジャガイモなどは特に連作(続けて作る事)ができないので、昨年畑内のどの辺りで作ったかをしっかり

記録を把握して今年に挑まねばなりません。

続けて作ると良くない理由は、①特定の栄養素ばかり吸収して土の栄養バランスが崩れる
                  ②植物の排泄物的な物質がたまる
                  ③バランスが崩れた事で、特定の病気や害虫が発生しやすい
              
こんな3つがとくに大きな理由でしょうか。

どこで何を作るかの計画表最終調整を急がねばなりません。
 「ツリーハウス材料を乾燥中」↓

届いたベイマツやヒノキの材料。

これだけで「グリドンの家」を作ります。(壁になるコンパネが入っていませんが)

乾燥がまだイマイチなので、18日に防腐塗料を塗るまでできる限り乾燥させます。
 「柿の剪定」↓

梅の剪定の次は「柿」。

でも梅が25本近くある中、柿は2本だけなのでさほどの作業ではありませんでした。

注意した点は①これ以上木を大きくしない②花芽を切って実の数を減らさない  ですね。

高くなるだけで収穫の作業が本当に大変になっちゃいますからね。

柿の剪定では、枝を途中で切ると「花芽を全て落として、葉ばっかり」になりやすいのです。

伸びた不要な枝は、なるべく根元から切る様に心がけました。
 「今年の畑の予定表」↓

春の四季報が本日最終構成。

そのうちの裏面の「まきば農園」の項目だけアップでここにアップ。

横着な発表です(;^^)。

2月に入ったら、ジャガイモの種まき時期連絡希望の方へお電話などで連絡を順次入れたいと思います~。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る