「今月の特別イベントお知らせ(手作り)」が出来上がっております♪

2015.11.03
 「今月のお知らせ!(2枚あります)」↓

今月も特別イベントめじろおし~。

※目白押し:メジロのヒナが、枝にぎゅうぎゅうにとまる様子から・・
 「月曜日の朝は」↓

馬飼野社長と場内を巡る。ゴミ拾いや、蜘蛛の巣払いが目的ではなく、

5年後の牧場のイメージを共有するために。

 「サツマイモ堀り」↓

サツマイモ堀りは毎日13:30開催中!

※10月上旬からスタートし、ただいま60%程終了しております。12月中旬まではあると思われます。
 (大根引っこ抜き収穫体験は今週末・11月7日から開始)
 「サツマイモ堀りは来ておいたほうが良い」↓

現在のサツマイモ堀りでは、サツマイモのツル(動物のエサ)が採り放題!

※エサだけ欲しい方は、芋ほりに同行していただければ料金はかかりません~。
 今月半ばまでには全部刈り取っちゃいます。それ以降はできないサービスです。
 
 「芋のツルをまとめる(ダメな例)」↓

ひっさしぶりの雨。土が湿ったので、イモヅルを丸めて採る際に、下の土も一緒について来てしまう。

動物にあげるにはあまり良くないので、カマでパンパンたたいて土を落としながらまいてゆく。

この作業が入るだけで、重労働に拍車がかかる。雨もありがたいけど、乾いていてほしい。(勝手なことを思う)

 「ウォリャー!!」↓

力仕事は、気合を入れた「雄たけび」をあげると出せる力がアップする!(科学的に本当)

作業効率をあげるため、ツルをまいたものは最大限大きめに作っている。だからすごく重い。

下の畑から「ドオリャアッ!」と変な声が聞こえたら、私です。

 「マキ」↓

秋のキャンプシーズン。マキが良く売れるので、補充。

あり得ない程の、価格破壊的安さ。

材は広葉樹で、1年乾燥させたマキ。ホームセンターで700~800円ぐらいの束の、1~2割増しで

1束300円(税込)。本業の方には怒られるほどの安さです。  全て場内の木~。

知ってしまった方が、まとめて10束購入も珍しくありません。

 「明日の準備」↓

土日祝日にはサツマイモのふるまいを行っております。3日の祝日分を、2日の夜に仕込む。

洗って干したものを、大きさを選び出し、両ふちを包丁で切って、塩水に一晩つけておく。
 「山」

ふるまいの数は、土曜日50個、日祝100個。       

と、言いながら、昨日は150個用意しましたが。

今日も13:00から大ナベの所で配布いたします。先着にて。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る