「本数の少ないトウモロコシ」のお世話ポイント!

2009.06.26
 「激しく適当なメモですみません(汗)」↓

おととい(24日)ホタルいっぱいいました♪

 ※このブログをご覧になった方だけの「チョコット特典」にプラス1!(6月末まで)
   
  ①食の体験工房で体験する際には県知事賞を受賞した「特産牛乳アメ」
  人数分差し上げちゃいます。
  ②駐車場の「ナチュラヴィータ(ジェラートのお店)」では、ジェラートご注文の際、
   お好きな違う味のジェラートをチョイと乗っけてくれます。
③ワタクシ(農園担当 新海)を見つけて声をかけて下されば、

   牧場近くのホタルスポットMAP(メモですが・・・)を差し上げます。
   

  いずれも「ブログ見ましたー」ってソッと教えてくださればOK!  (ソッとね♪)
 「小麦乾燥」↓

よかった!晴れがきた!乾け~かわけ~  KAWAKE~。明日も晴れらしい!

よっしゃ!明日には製粉屋さんに持っていけそうだ!(晴れが来なかったらダメになっていたかも・・)
 「唐箕(とうみ)」↓

この年代ものの器械使っている人はそうそういないだろう・・・

ゴミを分ける道具です。
 「おいコラ」↓

ちょっと、そこの  キミ。   

そう、そこのスズメくん。小麦を食べるんじゃない。   ついでにフ●するんじゃないぞ。
 「タマネギ部屋」↓

4時間かかった・・。長く持つよう乾燥中。

 「トウモロコシ畑全景」↓

全景といっても、全部は写真に入りきれてないですが。

 「早く種をまいた方は花粉が出始めている!」↓

テッペンのアンテナみたいなのが雄花。下のヒゲみたいなのが雌花。

 「これが雄花」↓

葯(ヤク)という、花粉を出す器官がびっしりぶら下がっています。

午前中のほうが花粉がでます。 花粉が雌花につくのに、虫は関係なく、風。風媒花(ふうばいか)といいます。
 「雌花」↓

コレには2つありますね。この下にも出てきそうなので、おそらく3つ。育成具合で数は変わります。

間引きを持ち帰ったものでは、1~2ではないでしょうか。
 「このように」↓

前述のように、午前中のほうがいいです。花粉が良く出て。

 「このように曲がる雄花はOK」↓

 「これはダメ」↓

 「ダメな理由」↓

虫が入っているのです。ストロー状に食い荒らされるともうだめ。

1本しか育てていない方で、この虫が入ると、かなり成功率が下がります。

 「これだ!」↓

アワノメイガというガの幼虫。トウモロコシの雄花や茎、実にも直接はいって食害します。

 「茎に入ると」↓

2箇所にふんが見えます。

 「割ってみた」↓

このように食い荒らします。

 「アブラムシもダメ」↓

コンナニナッテモダメ。花粉が出ません。

 「ラッカセイ畑」↓

 「こはくとお兄さん」↓

毎晩面倒を見ていますが、食べっぷりは相変わらずイマイチ。

※26日AM1:00~7:00はメンテナンスのためにブログに書き込みができないそうですワ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る