「BOOK募金」ってご存知ですか?

2014.12.16
 「月曜日の朝は」↓

まかいの社長と場内を回る。慰霊碑でのお参りもコース。

拝みながら、今までかかわった馬たち全員(馬?)の名前を心の中で呼ぶ。
 「ここは場所が無駄だ」↓

コロボックルとりで前の三角の土地。暗くなる木が生えているだけで、場所が死んでいる。

活用する案を模索中。

 「BOOK募金」↓

BOOK募金とは、不要になった本等を、委託を受けた業者さんに渡し、換金し、そのお金が

様々な良いことに使われるシステム。

10冊以上なら送料が無料で、集まったら電話して回収に来てもらうだけ。自宅でも簡単にできます。

0120ー102-150に電話して、「本が集まったので回収をお願いします」と言って、

郵便局さんに回収に来てもらう時間帯を選ぶだけ。   なんと簡単な!

※換金されたお金の使い道は色々あるようですが、電話の際に「富士山の環境保護に使ってほしい」と言えば
 必ずそのことにお金を使ってくれるというすごいシステム。作った人はエライ!
 「シモバシラ」↓

なが。6センチぐらいある。  湿り気と寒さがポイントです。

 「おお、屋根掃除」↓

すべりませぬように・・・    

 「はや!!」↓

近所のカ○ンズさんに、ジャガイモの種イモを売っていた。

・・・・早いよ!!   誰が植えるねん!   とその場で一人で突っ込みを入れてしまった。

季節の植物で判断するなら、「モクレンの花が咲いたらジャガイモを植えろ」などと言います。

牧場の辺りの植えドキは3月中ごろ。       

路地ならジャガイモの芽が出るのに1か月近くかかる。芽が出た時にシモが降りると、出ていた芽が

みんなやられちゃう。(まあすぐ次の芽が出てきますけど)

だから、トンネル等防寒の工夫をしないと早く植えてもお世話が大変。  

誰かが買うから売っているんでしょうけれども・・・。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る