『ブニャァ』  って言われた。

2012.09.07
今日は恐ろしいドウブツ顔が登場いたします。

 「最近住み着いたネコさん」↓

半月ほど前から牧場に住み着きはじめた・・。はじめは シャーッ って言っていたが、いまは随分慣れた。

先日は、私の顔を見て「ブニャア」って言われた。

※ネコさんはほぼ全てが「悪さ」といわれることをしちゃうから、困るのですが・・・
 この顔は別に恐ろしくないです。

 「夏の片付け」↓

シャボンダマシーンの整備など。きれいにして、来年すぐ使えるようにしておきました。

 「特にココがポイント」↓

回転するこの部分がキモ。 今年はタオルを細く切ったモノをまいたら、シャボン玉の出具合がすごく良かった。

だから、今年使ったタオルはきれいにとって新しいモノを今年よりもきれいにキチンとつけた。

来年はシャボン玉の数が、もっとたくさん、バッチリ出ますよ♪

 「油の代わり」↓

刃を研いだカマには・・キ●チョールを吹き付ける。含まれる油分で、防錆になる。

装蹄師さんがしている方法を真似。

 「ものづくり工房」↓

5日は予約が多かったので、ものづくり工房のお手伝い。

この時は、木の粘土「もくねんさん」の教室を担当。  とっても素直で丁寧で良い子達でした~♪
 「ババーン」↓

ヤギの種雄(たねおす)の「発情の顔」!!

まるで「悪さをする妖精」を髣髴(ほうふつ)とさせる顔。

セリフをつけるなら・・・「ココのメスはおれのモンだ!!!」 って感じですかね。

生き物の大きな目的のひとつは、子孫を残すことですから。  当然です。

※人間だって進化の過程で言えば、立ち上がって300万年以上、洞穴などで暮らしながら
 オスは地図もなく遠くまで出かけて行き、獲物を獲って巣へ戻る。
 メスは他のメスとともに巣に残り、他の個体とコミュニケーションとりながら暮す。
 それを、ほんのココ数千年ぐらいで変えようったってそうは行かない。
     (・・なんの話だ?)
 「別の種雄」↓

こちらは見た目もいい男♪

小柄ですが、精悍な顔つきです。

(ま、ヤギのメスにとってはそんなことよりも「プ~ン」とオスくさい方が魅力的でしょうが)

      そこで、ちょっと、ひとにぎり・・  ↓
 「にぎりいっちょう!」↓

体の大きさに対して、かなり大きな睾丸(こうがん)を持つヤギ。  (羊もね♪)

大きさがわかるように、ちょいと握ってみた。          (そ~っとね♪)

 「秋の顔出し登場」↓

日常生活では忘れがちな季節感。

季節を感じていただけるのも大切なコト。

秋の顔出し「カカシ」が入場口に登場いたしました♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る