いくら雨でも、これ以上延ばせないので。

2010.10.01
 「花畑」↓

先日コスモスのタネをまいて、いま、見事にビッシリと生えています。

コマツナが・・・(汗)

昨年ナノハナ(コマツナ)のタネを搾油のためにここで採りました(6月)。そしたら、でるわでるわナノハナ。

昨年の秋は耕してからコスモスのタネをまいたにもかかわらず、コスモス99%全滅。ナノハナの勝ち。

今年は春タネを採っていないのに、昨年こぼれ落ちたタネがまたもコスモスを凌駕する勢い。

そこで・・・

 「横から見ると」↓

コスモスの芽の周りだけナノハナを取り除きました。さてどうなるか・・・

小松菜なので、できればお客様にコマツナ収穫体験としてしまいたいところでしたが、大人数ではさすがに

コスモスを踏み潰してしまうだろうと思い、収穫体験は開催しませんでした。
 「雨でしたが」↓

雨では畑に入れません。入ってはいけないのです。

でも堆肥を畑に運び込む作業が、雨で2回も延期になっておりこれ以上延ばせないので、各畑横に

堆肥を運んでおく作業だけすることにしました。

ハマる心配の少ない畑には、まず大きなダンプで運びました。

 「次に」↓

ダンプ(2輪駆動)では100%はまる部分には、動物部門から、小さい軽のダンプ(4輪駆動)を借りて

運びます。それでも結構ドキドキ。  一人作業なので、ハマると大変、出られないから。
 「2番目にやばかった所」↓

どうしても畑の少し奥に入れたかった。  なんとか大丈夫だった・・・。

1番ドキドキしたのは、今年の夏キュウリモギたべをした畑でした。

晴れた日に広げて、すきこもう。
 「売店」↓

モーモーキッズウェアだ。いいな・・・。  少し高かった。

 「雨の中」↓

小雨のなか、アカツキ(木曽馬)が乗馬のお仕事をしていた。

アカツキは在来種(昔から日本にいた和種の1つ)で、木曽馬(風)。

最も何でも食べる馬だし、食べるのも早い。  木曽馬は粗食に耐える品種ですが、まさにそんな感じです。
 「そばの畑」↓

10日に刈取り作業。倒れたことで、鳩などの鳥が食べにきているから「防鳥テープ」を張る。

キラキラしているが・・・・   あんまり効果ないみたい。
 「秋ジャガイモ」↓

雑草を埋める作業の途中。でも他の畑の堆肥をすきこむ作業を1番に進めないと・・・。忙しい。

 「羊の放牧場で2つの話題」↓

①上に「鐘」を設置する、テラスと鐘の塔を建設中!新名所になれば!

②下の黒いところは、芝生が雑草に負けたところ。軽く耕して、芝を張りなおししています。

 「借りたもの」↓

動物部門から軽ダンプを借りたので、使い終わってから 気合を入れて掃除。美しく洗い上げる!

まるで年末大掃除なみに!

ありがとね♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る