いただき祭り目前!!

2010.10.07
さあ!この3連休は「いただき祭り」を盛大に開催いたします!

エンドウさんの陣頭指揮で、準備はちゃくちゃくと進み、場内もいつもとは違った盛り上がりを見せてきて

おります!!  初企画も盛り沢山で、スタッフもワクワクしております!!

 「こんなことをします~♪」↓

Bー1の色々な味が楽しめるのも、まきばのランチワゴンでスペシャルランチが格安、トン汁やサツマイモの

振る舞い、ハンバーグフェアーに竹筒サツマイモご飯作りなど、食べるだけでも大忙し!

参加型体験企画ものから期間限定ものづくりまでイベント目白押し!ぜひ今だけモノがたくさんですから

ぜひお見逃しなく~。(いつも以上に「コレに参加しよう」と決めておかないと、見逃しちゃいますよ!)
 「朝、雲が」↓

山4つの上に雲4つ。朝日がわりと強く、上空に少し湿った空気があったと思われます。

山の斜面は平地よりも太陽光を受けやすく、そこで温まった空気が急激に上空に上がってできたようです。

入道雲(積乱雲)のミニ版です。

発生中だから、1分でみるみる形が変わっていきました♪
 「駐車場」↓

どんぐり一杯だ。秋ですねえ。

これはマテバシイのドングリ。食べられます。ナマでも焼いても。

でも焼いて、冷めたらもうだめ。 カターイゴムのような感じでつ。
 「今月のふれあい学習」↓

動物のスタッフも頑張っております♪

 「今だけの食の体験」↓

他にもスモークチーズ作りやピザ作りなども。期間限定が一杯だ♪

 「振舞いようで」↓

いただき祭りの振舞いように6コンテナ、食の体験で2コンテナ、ジェラート工房で1コンテナなど

場内でたくさん使うので、すでにたくさん掘り出し中~。美味しく活用していただければそれが1番嬉しい♪

皆様のサツマ芋ほりは9日から開始! 毎日13:30受付で開催いたします。

 「ラッカセイ畑の片付け中」↓

ラッカセイの乾いた茎を燃やして、灰を畑にすきこむ。

作物を作って酸性に傾いた畑をアルカリ性(草木灰)でもとに戻す。

教科書通りならそういうことですが、実際は燃やした灰ぐらいでは畑全体にまくなんて無理。足りない。

でも私の考える有機栽培の基本は「畑から出たものは畑に戻す」。

堆肥化して畑に戻すのも1つの方法です。
 「ソバ」↓

ソバ参加の方々には昨日、緊急で一斉送信やお電話などをいたしましたが

畑の刈り取りが10日から17日に延期。育成状況から判断しました。

ハトが食べに来るので、カラスの模型を2つぶら下げました。

右が立派な「カラスマ君」。左端がダ○ソーで買った105円のビニールガラス。さて少しは効果あるか?

敵はハトなのですが・・・。

 「堆肥の山も考えて置く」↓

いただき祭りは駐車場があふれる事態も想定されます。

ラッカセイ畑だったところも駐車場になります。

使えるように、堆肥も畑のスミに山盛りにして広げずにおいてあります。(早くすきこみたい・・・)

 「ワラ」↓

昨日ドラゴンファームさん(有機栽培師匠)から頂いてきた、アイガモ米の稲ワラ。

ソバを束ねたり、白菜の頭をしばったり、霜よけに敷いたりと色々な使い道があります。

現代の農家さんでは、普通、刈り取りながら稲ワラも細かくきざんで田んぼにばら撒くのが普通なので、

事前に頼んでおかないとなくなってしまいます。  

※ホームセンターで1握り分の1束が150円だった!販売するとそんなに高くなるのか・・と思いました。
 「キクイモ染め」↓

ものづくり工房のキノシタお兄さんが、キクイモ染めのバックとハンカチを持っていたので1枚撮影。

・・・綺麗な透き通るような黄色は秋の色らしくて良かったのですが、蛍光灯の光やフラッシュの光では

上手に撮れなかった・・・

デジカメの限界?腕不足?          後者だな・・   でも太陽光が1番だ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る