いよいよ、ニンニク&ジャガイモの収穫+お料理の日がやってきた!  

2012.06.18
 「でっかい!」

カイちゃんが持っているのは、昨年自分で植えたニンニク!

今年の出来はとってもよし!引っこ抜くのも大変なほどでした♪ これを使って食べるラー油作りだっ!!

 「こちらはジャガイモ畑」↓

同時開催で、自分のジャガイモを掘りだしてお料理も!

植え付けからお世話を経て、いよいよ収穫お料理です♪

 「ごめんごめん」↓

「お、ばっちりサラダ作りのお手伝い中じゃないか!」と言ったら、「違うよ!」とユウゴくん。

「?」っと思ったら、このサラダは、全てユウゴ君一人で担当して作っているから、「お手伝いじゃない」

という意味だった。  いやはや、おみそれいたしました♪  

マヨネーズを使わず、ミソと豆乳使用のヘルシーポテトサラダ!  いいですね~♪
 「みんなでお料理しました~♪」↓

ポテトチップスは止まらなくなるおいしさでしたが、スティックにしてジャガイモの甘さを楽しむのも最高♪

ソーセージやパスタ持参で素敵お料理に仕上げて、みんなでおいしくいただきました。
 「お」↓

ソラマメの収穫すぐ食べを開催していたら、手にヒョウモンチョウがとまった。

昔の私なら「ウヒョオウッ」っと妙な声を出してビビる所でしたが(蝶・蛾が苦手)、何年も

カブトムシ捕りで蛾などに耐性ができてきたので、愛でる余裕も出てきたノデス。
 「ソラマメとれたよ!」↓

採りたてソラマメをその場ですぐゆでて頂く!(来週の週末でおしまいになるぐらいかな?)

※このすぐ食べは、今年の初企画。
 以前一度、種まきからの「まきば農園ソラマメ」を行いましたが、
 日々どんどん収穫できてくるソラマメは、まきば農園には向かなかった。
 
 「今年2回目のジャガイモ掘り開催♪」↓

悪天候の予報と朝の雨もあり、約40名程の皆様の参加がありました。(晴れだと100名越え)

袋一杯に掘るジャガイモ掘りも、なくなったら終わり! 来週末はまだ大丈夫です。

※各作物で、本当にラスト収穫になる際は、ひそかにものすごく気を使います。どの作物も最後の収穫になる際、
 畑に「あと何名で終了します」と書いてありませんから、大体でやる。場合によっては人数制限。
 残念な気持ちになる方が出ないように注意して進めます。
 「影響」↓

ジャガイモ掘り時に、7月末からのトウモロコシ収穫の話題になりました。採りたてはとんでもなくおいしい。

写真のお母さんが「ウチも畑をしていたんだけどねぇ・・・・」と。

今できない理由は、地元が「福島」だからだと。

放射能で未だに立ち入りできないと、残念そうにお話しされていたのが心に残りました・・。

※そんな中原発再始動決定。遺伝子を傷つける「核のゴミ」を未来の子供達に押しつけて。
 経済等の関係で再稼働が必要? 話は分かりますが、地震・津波対策も不十分と分かっていながら、
 将来的にどのように減らしてゆくかも決めぬまま。
 「必要だから」と再稼働。
 人間は所詮そんなものなのでしょうか。

 他人の痛みは他人のもの。本人でないと分からない。  そんなものなのでしょうか?

 
     まさに後悔 先に立たず。         (他人の後悔は他人のもの)

 自然エネルギーの地産地消を前進させるべきだと思います。

 「ソラマメこんなに一杯♪」↓

1袋500円で袋いっぱい採れます。  それを好きなだけその場でゆでて食べる!

※この後、お一人は、延々と「ゆで→食べ→ゆで→たべ→ゆで・・・」でしたね♪
 お母さんも「おうちじゃあ食べないのにね♪」と仰っておりました。
 「ブンブン」↓

ゆでたては熱い!  そこで、人がいないほうへ行ってブンブンすると・・・  5秒で冷める♪

豆類は、おうちでゆでる際も水にさらして冷やしちゃダメ!  風で冷やさないと甘
みが逃げますよ。

 「小麦刈取り」↓

ノコギリカマでバンバン刈り取る!  刈っては束ね、「ハサ」にかけてゆく。

刈取り&ハサ掛け作業を、みんなで協力して進めました♪
 「夢中になっちゃう♪」↓

もう終わるよ!っと言われても、夢中で刈りこみ中♪

この小麦を干して、脱穀したら、水分量を10%以下にしてからやっと粉にできるのです。

毎年梅雨時期に採れるので、乾燥には苦労させられます。

 「6歳の働きもの」↓

カズシ君は6歳なのに、刈取りは一人でバリバリこなす。

お父さんがワラで縛ったら、せっせとハサに引っ掛ける。  補助不要。

・・・さすが! カウカウさんちは子供さんのスキルが全員高い!  

  ※私も、勝手にお手本にさせていただいている家族さんの1つなのです・・・

 「夜」↓

使った食器を洗って、拭いて、仕舞う。   食事の方から借りたので、綺麗にして元通りに返却。

 「発電機等」↓

夕方暗くなるころ、発電機や揚水ポンプ等の扱いを教わった。

※昔はGW中に水が出なくなり、「トイレ使用中止」という悪夢がよくあった。
 トイレにいらいらしながら並んでいるお客様に「すみません、使用中止です」と伝えねばならない
 「理不尽さ」と「申し訳なさ」ときたら、筆舌に尽くせません。
 水が流れなきゃ、使えないんですから。

 今では井戸水や雨水の巨大地下タンクなどを設置したおかげで、水が出なくなるのは減りました。(減っただけ)
 水は大切に使わねば・・・と同時に、その苦労の歴史を若いスタッフにも伝えるのが先輩の責務の1つ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る