いろんな仕事(依頼)がやってくる。

2011.02.01
牧場という施設には、実に色々なお仕事があります。

動物のお世話ばかりではありません。

掃除・接客は当然、パソコンや数字の扱いから水道工事に電気工事、大工さんから左官屋さん、

重機の扱いや農作業、企画立案→実施、パンク修理から煙突掃除、体験教室に陶芸焼上げ、高所作業から穴掘り、

レストランや売店運営、パン作りにお菓子作り、牛乳しぼりから牛乳製造、新商品開発からプロデュース等、

様々なお仕事が1施設内にあります。

  「最高に寒かった朝」↓

山梨から来るスタッフが、「今日は本栖湖近くの道路温度計がマイナス12度だった。今期最低」と・・

牧場のトイレの水が出ない。掃除をしていたスタッフから「困った。見てほしい」ということで様子を見た。

タンク内と、その下の水道ホースが凍りついてしまっていたようだ。

「水抜き」という作業をしていなかったら、トイレが壊れる所でした。

水が凍結する際の膨張する力はものすごい。鉄の水道管なんか簡単にペッキリと裂けてしまう。

このタンク内も水を抜いていましたが、少し残った水分が凍りついて使用不能になっていた。

 「ネットを編んだり」↓

この作業2日目。終わらない・・・。

 「高所作業」↓

ほぼ丸1日これ。    ワタシ、ハタケ、タガヤシタイヨー。

 「マキストーブが使えないというので」↓

マキストーブが使えないから、灯油を使う大型ストーブを使いたいと依頼が。

まてまて。  使えない理由を探ったら、煙突の掃除不足。

話を聞くと、煙突の1部は何年も掃除が届いていなかった様子。女の子ばかりのこの職場では仕方ないか?

外して中を見てみた。
 「どーれ?」↓

 「ん?」↓

つまっている つまっている。

L字になった角は、ススが詰まって空気がほとんど通らない。 コレじゃあ室内にケムリが逆流するわけだ。

 「親子さんで乗馬」↓

富士山バックに親子で乗馬♪

この写真は・・・美しい富士山、抜けるような青空、楽しそうな笑顔、泣き叫ぶ子供さん・・・  (←?)

みんな良い思い出に違いないです。
★ずっと以前、10年ほど前、まだ私が馬を担当している際、「ある統計」を取ったことがありました。(勝手に)

乗馬コーナーで泣いちゃう(逃げる)子には、「男の子」が圧倒的に多い感じがしたのです。

調べたのは、2~4歳ほどの子供さんで「馬に乗れなくて泣いてしまう子の、男女比率」です。

約200名ほどの「泣き叫んで乗れなかった子供さん」のうち、男女の比率は・・・・・

     7:3

         70%男子。  30%女子。         

まだホルモン的に男女の体が出来上がっていなくても、生まれる前から男女の脳は違うものか?と考える

出発点になった結果でした。

男女は、体の違いの前に、脳が違いますね。そこを理解すれば世の中のいさかいは半減するのカモ。
 「夜」↓

水道漏れまくり。

まず外す。
 「コレが原因ね」↓

黒いゴムパッキンが、古くなって固くなっていた。

パッキンを裏返してはめて、しばらく大丈夫にしたが、次の購入で買ってきて交換しよう。

 「蛇口のモレには意外なものを」↓

蛇口の付け根がゆるんで水が漏れる。ゴムパッキンが無い。 そんなときには・・・・・

このゴムリング!

実はコレ、羊の尻尾を切るゴムリングなのです。

羊は断尾(だんび)します。家畜化が進みすぎてロクに動かない羊のシッポは、衛生や繁殖の為に切ります。

昔はジョキンと切って、ヤキゴテでジューというムゴイ方法をしてい
たそうですが、今はそんなひどい事しない。

無血除去で、写真の赤いハサミのような器具でゴムリングを広げ、そこへシッポを入れて付け根の骨を

2つ残した隙間(骨の継ぎ目)にピッチリはめます。10日~2週間ぐらいでポチッと折れて落ちます。

子羊の部屋にはゴムリング付きのカラカラ尻尾がポトポト落ちています。(グロいか?)

そんなリング(未使用)を蛇口の付け根に使うとチョウドイインデスヨ。

ミズモレストップ・・・。  大成功。( ;゜д゜)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る