お正月の看板できました~♪

2007.12.17
牧場のレストランなどからでる「残渣:ざんさ(食べ残しなど)」は、堆肥舎で活用しています。

堆肥に混ぜ込むことによって、畑や花畑の栄養になるわけです。

と・こ・ろ・が

荒らすヤツラがわんさと集まってくるのです。

そう、「カラス」です。

散らかすだけならまだしも、周辺に生えてくヤマユリの芽を遊びでポキポキ折り散らかしたり

場内のゴミ箱を漁って、朝には周辺をゴミだらけにしちゃったりもします。

 「カラス対策」↓

先日視察に行かせて頂いた「モクモクファーム」さんでもカラスには苦慮しているそうです。

頭いいですからね・・・・彼らは。

でも、堆肥舎はこれで安心だ!                 ・・・・のはず。

 

お正月の催しの看板が出来上がりました~。
 「①馬の尻尾の巨大な筆で書初め」

馬の尻尾の毛で作った筆で、1メートル四方ほどの大きな紙に書初め!

1月13日のどんど焼きではそれも燃やして、高く舞い上がれば字がうまくなるって

いわれます。どんど焼きは年々多くのお客様が来て下さるようになり、販売している

厄除け団子も毎年過去最高の本数を記録更新しております。

 「②空からお菓子が降ってくる」

 「③おもちつき」

これらの看板は、図案だけ伝えて、体験工房のお姉さんたちに製作していただきました。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る