かんじき作成。

2014.02.20
 「駐車場奥」↓

ずいぶん雪が減った。

でも長靴の深さぐらいの雪で全体が覆われているので、歩く事も、車が進むこともできない。水曜日の朝。
 「雪の上にエサパラパラ」↓

ヤギがワッと寄ってくる。  でもその山羊たちも大変そう。

 「雪に乗って、進もうとすると・・・」↓

雪に乗って・・・  ズボ。   たまにそのまま進めても、次の1歩で ズボ。 

これが一番疲れる。
 「ズボ」↓

こんな。

 「牧場定休日」↓

牧場定休日。体を全員ゆっくり休めるようにとの指示が出た。

しかし牧場近所の私の両親の家は、月曜日の昼ごろ、やっと道が開通した。車1台ギリギリの幅が1本。

と言うことで救出の雪かきへ。
 「なんだかできた」↓

やっぱりカマクラが出来た。

 「これが大活躍」↓

家の周辺も積雪が、太もも~ヒザの深さのまま。  家の前の畑も埋まったまま。野菜も掘りだしに行けない。

そこで「かんじき」を作った。材料は○イソーで売っていた小さなパイプイスと、ロープ(6㍉×7㍍)だけ。

全然グラグラズボズボせず、雪の上をスタスタ歩ける。  材料費210円で、こりゃぁいい。

 「畑」↓

この埋まり具合。風が吹き抜ける場所だったので、現在、長靴の深さ程度の雪。  

ビニールのトンネル部分だけ掘りだしたが、相当つぶれされていた。

 「本栖湖の信号の様子」↓

山梨へのメインの道(139号)がやっと開通。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る