きちんとサツマイモ。

2007.10.15
 「やや、礼儀正しいではないですか。」↓

きちんと礼ができているのは「あさひ君」!

まきば農園では「挨拶」を大切なものと考えておりますので、

収穫体験の際には必ず挨拶から入ります。

今日の3時の収穫体験ではあさひ君の見事な「礼」に感動して・・・

撮ってもらっちゃいました。
 「さつまイモはこんなふうに苗がとれる!」↓

(チョロリと生えただけなので、立派なものでは無いのですが)

どんな風に生えるのかを紹介するにはいいかなと。

イモから地面に向かって生えたこの部分を折り取って

それを地面にさすと、また芋が採れるのです。

不思議な植物ですよね。

 「チェック掘りにて」↓
(言い訳なのですが)忙しかったときに、
ある説明をし忘れたらこんなに畑にイモが残されていました・・・

細いイモがそこらじゅうに散らばり、チェックで掘ってみると

太いのから細いのまで出るわ出るわ。

その説明は
①イモは大切な食べ物?それとも投げて遊ぶおもちゃ?
  →大切なもの。人は食べないと生きて行けません。
  
②残してしまっては、捨てることと同じです。5月に植えつけてから大切に育てました。

この二言を言うか言わないかで、体験後の畑の様子がぜんぜん違っていて、

私自身びっくり。

「食育」は大人にも子供にも大切なことですね。

これからは説明を必ずきちんとしますよう。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る