さあ、今度の日曜日は大根を収穫してお料理する日だ!

2012.11.16
 「地元『逸品会』の皆様」↓

先日、意気高い地元生産者さん達の集まり「逸品会」の皆様の集まりがあり、

シュタインラガービールさんの関係もあり、ドイツの農林大臣や大使館の方などもお越しくださったそうです。

馬飼野社長曰く、まかいの牧場の玄米黒糖パンやヨーグルトも大好評だったと!

地元生産者を応援することは、日本を応援する事。 

その土地のこだわりの生産者さんのものをその土地でいただくことは、最大の贅沢ではないでしょうか。

 「手作り」↓

牧場の飼料はネズミやカラスに狙われやすい。ネズミはかじって穴をあけるし、カラスは掛けたビニールぐらいなら

破る。

 「ンペペペペペ」↓

ヤギのオスは、ンペペペペペペペ と異音を発しながらもう1頭を追いまくる。

そして相手のお尻のにおいをかぎまくる。   お盛んだのう♪

 「マサ土」↓

マサ土(ど)とは、朝霧高原にひろがる土壌。一見石のようだが、強く叩くと崩れる。

この土の層を破砕できる耕運機が登場するまでは、この場所は耕作不可能だったそうです。

戦後の開拓時代、大型機械の登場と共に開拓の歴史が飛躍的に進んだ。

マサ土を見ながら、これをクワで砕いていた時代を考えてみた。

 「ワクワクだ!!」↓

何年かぶりに、牧場内で新しい種類の植物を覚えた!!  うれしい!!!

これはツルリンドウ。珍しい植物ではありませんが、図鑑で知っていただけだったので。 嬉しい!!

営繕のおじさんが「変わった植物があったよ?」と教えてくれたから分かった。

羊の放牧場の北隣の林内に生えていました♪
 「ニンジン」↓

ベータリッチの「あま~いにんじん」という品種。  名の通り甘い。

 「これでよし」↓

掘りだしたサツマイモの傷んだところを取り除いたり、大きさ別に分けたり。

もっと干したら・・・レストランやサービスエリアでつかうのでーす。
 「シモ」↓

寒さに弱い植物は色々あるが、畑の雑草として扱われている、この「ハキダメギク」もその一つ。

左が大丈夫な部分で右が霜に当たった部分。こんな風にクシャクシャになります。

細胞内の水分が凍結で膨張し、細胞が壊れてしまうことが原因。

※そいえば先日、知り合いの若い農家さんが、「ソバ刈りの時にはこのコエダメギクが邪魔でねぇ~」と
 言っていて、二人で大爆笑。
 ま、似た様なものだが。       コエダメって。
 「エッコラセ」↓

30キロのエサを運ぶ、イモトお姉さん。   ( ;°Д°)

ギックリーズ№3の私は・・・・無理しない。  

           できませんできません。そんなことできません。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る