さあサツマイモを植えつける準備が整った!

2008.05.18
 「草についたアワ」↓

春先から夏前ぐらいまで、草むらにはそこかしこにアワが引っかかっています。

おじさんが カーッ( ´д`)ヽ. ペッと「○ン」をひっかけまくった訳ではありません。

これは「アワフキムシ」の仕業。

他の虫や鳥などに食べられないよう、自分の体から泡を出して身を包み、防御しています。

 「そのアワをそ~っとどけてみると」↓

アワフキムシの食べるものは「草の汁」、セミのように口を植物に刺してお食事。

アワに守られながら、食事つきのスイートルームというわけです。

すぐまたアワを出すとはいえ、邪魔してごめんね。

 「ジャガイモ畑にまいたもの」↓ 

病気よけ・ミネラルプラス目的で撒いたのは、有機石灰。

自然の海の貝殻から採れたこの有機石灰は、粒が均一でないため

ゆっくり分解されて長い時間きくそうです。収穫までに病気が全くでなければ大成功・・。

 「サツマイモにはどんな肥料でも良い訳ではないです」↓

こちらで私が撒いている肥料は、菜種カスの入ったサツマイモ等専用の肥料。

何年か前に、無知な私が「堆肥」を畑に入れて作ったときにはえらいことに・・・
・・ただでっかいばっかりでゼンゼンおいしくないイモが大量に採れました。

「基本のやり方」には理由があるのだなあ~。
 「管理機の威力」↓

昨年のサツマイモの甘さはこのマシーンの威力が大きいのです。

これは、両側に土を跳ね上げて進む、畝(ウネ)を作る機械。

2年前までこの機械は無く、男3人でコシを痛めながら3日かかって低い畝を作っていたのが

1人で1日でおしまい。それも高い畝が出来上がるというのだから、1度機械を使ったらモトには

戻れないのもお分かりになるかと思います・・。

何にせよ、これで今年もあの超甘いサツマイモが出来る準備が整ってきた!

明日は1回目のサツマイモの植え付けが10:00からです。(2回目は25日の10:00)
 「自家製のサツマイモの苗はもう少し」↓

初挑戦の苗作り。けっこう伸びてきましたが、まだもう少し。

短いと、実の付く部分も少なくなってしまうからです。
 「今日のタケノコほり」↓

今日は以前も参加してくれたお友達も♪

開始の30分前から、案内の前で待っていてくれました。

幼稚園の遠足で偶然参加できた方も。

「掘り方を知っていれば1分掛からない」
 
 「掘り方を知らないと1時間掛かったりする」
   
   体験する事でこの意味が分かった様でした。
「食育」が目的ですから、参加された方がタケノコを食べるたびに

「このタケノコもあんなふうに生えていたんだな」と思ってくれるような体験を目指します。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る