さあ!桜の最高な週末がやってきた!(10・11日)

2010.04.10
 「桜の状況(金曜日)」↓

寒い日が続いたお陰で、土日は満開のまま花吹雪という最高な日に。

天気がパーッと晴れると言う事無しですが、さあ気温は上がるのか!?
 「ジャガイモの畑に立つ看板」↓

ジャガイモ畑看板の1つ。  パールちゃん写真付き♪

 「ジャガイモ畑で芽が出始めました!」↓

芽が出るのが予定より1週間近く遅い。気温が低かった事も大きいと思います。

この遅い寒さのお陰で、野菜の値段が1.5~2倍近くまで上がっていますね。(店のキャベツが398円だった)

梅の、なりかけた実がかなりダメになってしまったニュースも流れていました。

 「掘ってみました」

土の中ではこのように根がズンズン伸びながら、芽も伸びてきています。

あ、掘り出してみたのは、皆さんの植えた部分でなく私の植えた部分ですからご安心を~。
 「来週末の準備」↓

来週末からコイノボリをあげます!

「富士山」と「ナノハナ」と「濃いピンクの桜」に「青空」。コレをバックに撮れます!最高!

またココに写真アップしますね。

 「工事だけは終了!」↓

工事が終わったばかりの「健康の小道(仮称)」。看板もこれからつきます。

歩いてみて、痛い人は体の不調?  っということでスタッフ何人かで歩いてみましたが、確かに!

痛がる人と、「え、ヘッチャラだけど」という人が両方いた。  (・・・ニブイだけだったりして?)

 「シイタケ木が崩れた部分を直す」↓

将棋倒しに。

 「直しました」↓

写真ではパッとですが、ココだけでも1時間以上かかった。コレが5箇所。1日かかった。

柱が木なので、何年もすると腐ってしまいます。

近日中にシイタケの菌ウチを3000コマほど打つ作業をします。

(打つ時期には遅いのですが、木が手に入ったので)

 「シイタケの秘密」↓

シイタケは木のエネルギーを使って生えてきます。(木材腐朽菌の1種なので)

シイタケを何年も採り続けた木は・・・・
 「アタァ!」↓

指貫通。

スポンジ以下のボロボロな状態に。こんな木を集めて捨てておくと、クワガタが育ついい場所になります。

菌を打ってから約2年(2夏)かかって、しいたけが生え始めます。
 「バカ1匹」↓

乳しぼり会場前の桜の下、芝生で「花咲か爺さんのおかしまき」を15時より開催(無料:子供さん対象)。

台を置いた。  撮ってみた。  桜も咲いてめでたいので。
 「桜の病気」↓

どんどん広がる、ウィルス性の病気が写真中央上の部分に。

葉が出ている部分です。この葉ばかりで花が咲いていない部分が病気にかかっています。

病名は「テングス病」。茂った部分を天狗の巣に見立てて、「天狗巣」の名が。

ウィルス性で伝染します。切除して焼き捨てるか、遠くまで運んで処理する必要があります。

じつは桜ばかりでなく、他の樹にもうつるのですが、それはまだ正式には発表されていないようです。

でも体験的にカツラなど他の樹でも見られるので、サクラだけの病気ではないようだと感じます。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る