ただいま、農園募集要綱の準備を進めております!

2010.01.16
 「いいかおで、自分の育てた大根を抜く!」↓

りょーちゃんの得意そうな顔がいいねえ♪

8月下旬に自分でタネをまいて、でっか~く育った大根を収穫!これで大根の秘密を少し知っちゃったね♪

この年齢で「大根育てたことあるよ!」って子もなかなかいるまい・・・。

 「新しいトイレ前の椅子に」↓

緑の部分は全部手編み。

座布団はもちろん、背もたれのカバーやその「羊ガラ」も全部、鈴木さんの手編み。

ステキです♪どうぞお越しの際はこちらもご覧ください。(まきば館の新トイレ入口)
 「サツマイモを干す理由」↓

今この時期だけ、遊具で毎日「ヤキイモ」が提供されております。その芋が甘くて美味しいのには理由が。

それは焼く前に何日も干す事。(1度でも凍ってしまってはダメ)

10月収穫の中、9月半ばに作ったサツマイモを試しに掘り出して、すぐふかして食べたところ・・・味が薄い!

「これでは収穫祭の振る舞いにまともに使えないじゃないか!」と大変困惑して、他の生芋を作業台の下に

仕舞い込んで忘れてしまいました。(通気はいいところだった)2週間ほどして、若干シワシワ気味に

なったその芋を見つけて「あ、忘れてた、シナビかけてるじゃないか。」と思い、もったいないので焼芋に。

そうしたら・・・・・・・・アリャリャリャ甘い!

農家の経験のある方にその話をしたら「そりゃ当たり前だよ」といわれて、納得・感心したものでした。

スーパーでサツマイモを買った場合でも、通気のよいところや日の当たるところで干すとあま~くなります。
 「年賀状の1部」↓

皆様からまかいの牧場へたくさんの年賀状をいただきまして、まことにありがとうございました!

ご期待に沿う施設になるようスタッフ1同、1丸となって努力してまいります。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 「トモヤ隊長作品」↓

引っ越してしまう友人のために、手作りで器を!  さすがトモヤ隊長。

しっかりした良いつくりですね、厚さにムラが無いのが特によいと思います。
 「焼く寸前」↓

焼くには2段階あり、1回目の焼きは800度までしか温度を上げない「素焼き(すやき)」。

2回目は釉薬(ゆうやく)をかけて乾かした後の「本焼き(ほんやき)」で1200度まであげます。

1200度では釉薬の鉱物が溶けて表面をコーティングするように覆ってくれるのです。

 「イラガ」↓

カキの樹に蛹(サナギ)があるのをマナト君達が見つけてくれました。

かわいそうですが、柿の木には困るので、観察と駆除の意味であけてみました。ゴメンネ。

なにせこのサナギになる前のちっちゃな毛虫は、刺されるとものすごく痛い!!

イラガが場内で増えたら困るのです。  よく見つけてくれました。

 「こんな場所で3日間研修を受けておりました」↓

13~15日まで渋谷で研修を受けておりました。

メールで写真を自宅に送ろうと思っていたら、ネット環境が無くて困りました・・・。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る