とほほ。

2011.07.16
 「旅行雑誌」↓

まかいの牧場が載っている雑誌が事務所にあった。

これらの雑誌に掲載されております♪

 「ファミリーウォーカー」↓

全4ページの特集をしてくださいました。

前の2ページ。

後ろの2ページ。

・・この地図いいなあ(左の)。
 「ラン」↓

牧場スタッフのヤマモトさんが、家の庭で育てたランを持ってきてくれた。

入り口に飾ったら、数分のうちにお客様から「お、ランだな」「これはいい種類ですよ」と2件も好評価を

いただいた。   私は、野生でないランはよく分かりませんが、花のパワーと魅力を感じましたね。
 「王蟲(オーム)のような」↓

山でよく見かける芋虫が黒い鎧を装備したような虫。それはシデムシの幼虫。

ちょっと分かりにくいですが、写真はシデムシの幼虫と、親が交尾しているところ。
 「人参の敵」↓

普通、人参の最大の敵は雑草。ちょっと目を離すと雑草に飲み込まれる。

例えばこの大きさまで雑草(オヒシバ)が伸びると・・
 「雑草除去」↓

抜いた。しかし、人参がダメージを受け、倒れた。

もう1週間も遅れれば、人参の根は雑草の根に飲み込まれ、大きくならないどころか枯れちゃいます。
 「糸瓜(ヘチマ)に・・」↓

毛虫がいた。種類を調べてないや。  とにかく葉を食べる虫なので、畑ではユルサン!

タ・イ・ジ。
 「ヘチマの秘密」↓

ヘチマは、害虫をなるべく寄せ付けないように、アリを雇っています。

葉の裏を良く見ると、緑の濃い点々がついています。そこから甘い物質をだして、アリにパトロールして

もらっています。だから、いつ見てもヘチマにはアリがところどころ歩いているのです。

ありを1分も見ていれば、甘いものが出る点々をチェックしてまわっているのが観察できます。
 「へちまの敵」↓

ヘチマの葉に字を書いたような白い線。ハモグリバエの仕業です。(キュウリなどにもつきます)  

農薬で殺虫する方法もありますが、ココでは農薬を使わないので・・・・

農薬ではない、「ツメデプティット」を使って殺虫します。

 「よく観察すると見つかります」↓

2ミリぐらいの小さなウジ虫のような幼虫が、葉の中を食い荒らしています。

爪で指差しているところに見えますが、分かりますでしょうか。
 「そこを・・・」↓

爪で・・・・・プティッ    ・・と・・・・            ( ;´∀`)ハハ・・・・

※第2子産まれず・・
 午前中横須賀へ行って、午後帰ってくる予定でしたが・・・・
 車が故障(エンジンのベルトがぶっちぎれた)して、電車で帰ってくるハメに。

 昨日も、夜9:01に大きめ地震がありましたね~。
 まちがいなくやってくる東海地震・東南海地震など、脅威を忘れてはなりません。
 毎日ビクビクすることもないですが、常に「今起きたらどうするか?」イメージして、
 日ごろから備えることが大切だと思います。
 食料や燃料・水は常に2週間分は備蓄しておくようにしております。(古いものからどんどん使って更新)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る