なんてこった、落花生掘りが今日もできちゃいます♪

2016.09.22

 

img_3586枝豆収穫

農薬一切なしの枝豆収穫すぐ食べ!

本日(木曜・祝日)は・・・雨!

やっちゃいますよ~。でも残り少ないですよ~(汗)

img_3587これが大豆になるんだね

枝豆=大豆 はあまり正しくありません。

「大豆」の実が若いころだけを「枝豆」と呼びます。

上の葉が茶色く枯れるまで置いておくと、長丸型だったマメが、小さな真ん丸の形になります。

img_3588仲よく採ります

枝豆はすぐ食べない場合、枝につけたまま運んだ方が鮮度が落ちないのです。(トウモロコシもだけど)

それで枝につけたまま、束で売られたりしていたので「枝豆」と呼ばれるのです。

鮮度を落とさない工夫が命名の由来なのです。

img_3589おいしいね!

これまで育ててきた20種以上の収穫物の中で、ベスト4に入る「採り立てが感動的にうまい野菜」。

それが枝豆すぐ食べ! 平日でユッタリ参加できたらラッキーです♪

週末であっても、参加できただけでラッキーです。

やっておいたほうが良いです。 感動的に美味いから。(安全安心な作物だし)

p9214543自分で直

重機のライト交換を一緒にやってみる。

成功の瞬間。

|д゚)・・・ヨシダお兄さん顔怖い・・・

img_3590落花生掘り、雨のおかげでまだあるぜ!

今日も雨です!

が!

そんなのかんけーねぇ!

img_3591掘りまくりですわ♪

落花生もあとわずか!こんなに引っ張れるとは、よかったよかったw

「えー、もうできないの・・」というがっかりした声を一人でも減らしたい。

ミツイおにいさんも私も同じ気持ちです。

img_3592結構(かなり)あるね!

掘り立てのラッカセイ、ここの土で作るからより一層美味いのです。

黒色森林土(通称:クロボク)が分布するのはこの地域だけ。静岡市や、山梨、伊豆半島までいくともうない。

それが分布しているのが富士宮市~富士市~大仁のあたりまで。

土の違いも味の違いです。

img_3593おっしゃ、ゆで汁を入れるぜ!

40~50分ゆで上げたら、ゆで汁(塩水3%)に浸かった状態で冷ますのがものすごい大切。

可能なら、小袋に入れ替えて、それにゆで汁を入れることで・・・早く冷めます♪

冷めたら完成だ!

img_3594チュパチャプチュパチャプチュパチュパチュパチュパ・・・・

ミツイお兄さんが言う 「ゆで汁もおいしいよ」 と。

2人の手と口が止まらなくなる!

チュパチャプチュパチャプチュパチャプチュパチャプ・・・・・

お母さんから激しいツッコミが入る!

「いい加減にしなさい!」

※そのツッコミの手が、見事に写真に収められるの図↑

うまいもん、しかたないね♪

 

コメントを残す

ブログ一覧に戻る