ほぼ1日中剪定。

2010.01.27
 「倒すべき敵」↓

ただの枯れ葉が引っかかっているだけのようですが・・・

この中には赤ピンク色の毛虫の卵がぎっしり詰まっている!
 「これが中身!」↓

はじめて見たときは「何の卵だろう?観察しよう!」なんて思ってましたが、1つ残しただけで

200匹以上の毛虫が大発生。5個もあれば1000匹以上。

その辺にポイッとしても全部毛虫になって樹に帰ってくる。

この状態の卵を退治するのに、最もよく効くのは「テデトール」。

テデトールは希釈(きしゃく:薄める事)の必要が無くそのまま使えます。農薬のお店には売っていません。 

※詳細は本日のラスト↓に
 「手作り看板」↓

この時期場内に何箇所か設置されているこの看板。営繕のおじさんの手作りなのです。

かわいい!  ※丈夫だし♪

 「今月のふれあい学習」↓

おなかの赤ちゃん感じてみよう。

まずは説明の後、出産準備のお手伝い体験。お尻周りの毛を刈る「そうじ刈り」をしてから・・・

 「聴診器」↓

プロが使う本物の聴診器で、羊の鼓動・蠕動(ぜんどう:腸等の動き)運動を聞いたりもします。

生きているんだなあって実感できますし、参加無料で毎日14:00から開催中。(羊の家)

お見逃し無く!

 「なが~いタケで」↓

まきば館の天井の屋根がくっついて開かなくなっちゃった。

7メーターものタケでつついて開ける。  ウオリャーッ!
 「フンッ」↓

月に1度は開けないとパッキンがくっついちゃうらしい・・・。

夏はいつも開け閉めするんですけどね。  (せざるを得ないほど暑い)
 「手作り中」↓

節分実行委員は私も含め5名のスタッフ。

この鬼の面はちょっと使います。 ちょっとね。

そういえば金曜日の13:40頃、「ラジオF」さんで生放送電話インタビュー形式にて放送あり。

週末のイベント紹介の内容で私がお話します。

ラジオが聞ける地域範囲など、詳細は明日のブログで載せますね~。

※「テデトール」は「手で取~る」。有機栽培農家第1人者の金子さんが提唱(?)する捕殺法。
 

※せっかく杏君のお父さんが訪問してくださったのに撮影うっかりした・・!

 そして夕方マナト君あえなくてごめんね~。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る