まかいの牛乳の生乳生産農場が「良質な生乳を生産する農場」だと全国初の認定を受けました!

2012.06.22
 「全国初認証の農場HACCAP(ハサップ)に認定されました!」↓

このたび、まかいの牧場の生乳生産を100%行っている第2農場「佐野牧場」さんが全国初認証の

農場ハサップを取得致しました! これは衛生をはじめとして、良質な農産物を生産している農場さんが

認証を受けられるもの。食品に携わっている方なら、ハサップやミニハサップがいかに厳しいかを分かるかと。

その生産現場版の認証をこのたび頂き、新聞でも紹介されました。
 「朝の掃除」↓

牧場の半分は、朝から1時間自主的に掃除してくれるミツイお兄さんの活躍で すでに綺麗だったので

台風後の掃除の終わっていなかった、山の道を掃除して回る。  

 「ボキボキの2期目トウモロコシ」↓

山の上に、2期目と3期目のトウモロコシ畑がある。そこが「風の通り道かどうか」「苗が折れやすい大きさか」

等によって違いがあるようだ。 台風は・・・トウモロコシの大敵だ。(キュウリもね)
 「実習」↓

羊の家に通りがかったら、動物の学校「東京コミュニケーションアート」さんの学生さん達が実習中。

のぞいたら、羊の保定(ほてい)方法を教えているところだった。

人も動物もらく~になるように扱う。  乗馬でも、保定でも、調教でも、基本方針は同じ。
 「重いのを片づけ」↓

売店の什器(じゅうき)を、屈強風なスタッフ5~4人がかりで片づける。その人数でもギリギリな程の重さ。

※売店の商品棚等の事を「什器」といいます。 「什」って、この時ぐらいしか使わない漢字。
 「小型耕運機が壊れた」↓

営繕のおじさんが、なんだかおかしいから見てほしい と。

 「この部品が壊れたのだ」↓

農機具屋さんに相談したら、部品図を送ってくださいました。ペンでさしている部分が、折れたのです。

「直して」といちいち呼んだり、持っていっていては手間や経費が無駄にかかる。

何かあれば、そのたびに1つ1つ覚えて、自分たちで直したりできるようになれば、良い事づくめ。
 「売り切れ」↓

午後は売店に何度かお手伝いに行った。バスが数台入ると、瞬間的に人手不足になる。お待たせする時間は

1秒でも短いほうが良い。  

※平日にもかかわらず、4時頃には「切りかぶメープルパン」が売り切れておりました。

 「夕方」↓

霧が深くなってきましたが、雨が上がったので、山の上のトウモロコシのお世話をした。

 「こんな」↓

まだ倒れたのを直していない畑。追肥して、起こして、雑草取り。

 「7時過ぎに終わった」↓

まあ、よし。

※今日は、1900日目にして1900回目の更新となりました♪

トウモロコシの最後のお世話が、この週末予定されておりますが、予定通り開催致します~♪

 小麦は・・・乾きません。全然。脱穀はもう1週後の予定と致します・・・。(7月1日の日曜日脱穀予定)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る