まかいの牧場創始者が大切にしているカタクリ

2015.03.25
 「手をかける」↓

馬飼野会長さんは植物を大切にしており、看板を建てたり、周りの草を刈ったりして手をかけています。

牧場奥の明るい林の中。 カタクリが芽を出し、春を告げています。
 「こちらも愛情をたっぷり受けて」↓

こちらは・・  吹矢会場でウエダおじさんが大切にしているオキナグサ。

ウエダさんが、人からもらった種を育てて植えてみたと。   私も本物は初めて見ました♪ 

※まだ咲いているようですから、吹矢会場に行って見た方はぜひ、オキナグサってどこ?と聞いて見せて
 もらってください! オキナグサもウエダさんも、見られた人も嬉しいのですから♪

 「プロによる点検」↓

重機の定期点検。不具合がいろいろ見つかった・・。

何十年も使っていれば、不具合も出る。早めに対処すれば、少しの事で済む。放置すると・・・手遅れに。
 「ハウス完成」↓

屋根のビニールが金曜日にやっと届いたが、張るヒマがなかった。

火曜日、風が吹いていましたが、なんとか一人で張る。   やっと張り終え花育成始動です!

 「梅がきれいだ・・・」↓

梅と富士山がきれいだったが、光の具合で綺麗に撮れなかった・・・。(手前が暗く、富士山が明るいから)

シカ型カメラ台、どうぞご利用くださいませ。
 「屋根を洗う」↓

今ある道具を使って、屋根を自分たちで洗う!すっごいきれいになっていました! 

気づきにくいですが、ぜひご覧ください。

※そして、モノづくりのお兄さんに「あれ?屋根きれいになっていない?」とわざとらしく言ってあげてください。
 みんな幸せ。
 「乳しぼり会場にて」↓

雲のかかった富士山も良いもの。

収穫体験前にはシャッターを押してさしあげるチャンス。

デジカメ・スマホ・DS、なんでもこいだ!  押しますよゥ💛

 「菜の花摘みたべ」↓

伸び始めた春の味。コマツナを摘んですぐ食べる、菜の花摘みたべは今だけの体験です。

※畑の育成状況により、不開催の日もございます。
 「おいしい!」↓

ユカナさん、ミソラさんもモリモリ食べちゃう!

菜の花は苦みが結構あるが、コマツナは栄養価も高い上に苦みも少なくて・・・おいしい!

※開催は13:30が基本です。(本日水曜日は不開催・・)
 今日はシイタケ焼き食べを遊具コーナーで私が行っております。
 「オラオラチェック」↓

ミツイお兄さんから「トラクターの足回りを見てほしいんです」と相談があった。

近づき、即座にタイヤを蹴り飛ばす私。  ぬ。右前の空気圧がちと足りないのが原因だ。 チェック完了。
 「山の上の畑を耕す」↓

梅園横の畑を耕す。夕方6時半前に何とか終了。

 畑仕事に専念したいが・・。なかなか時間を作れない。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
春休みが始まり、牧場には静岡ならではの春の観光があふれております。例えばおすすめコース・・

9:00 モノづくり工房で、すいているうちに「もの作り」

10:00 「ヒツジの放牧」

10:30 「赤ちゃん羊と記念撮影」

11:00 平日「親子羊の花配り」 土日「羊の毛刈り」

11:30 「乳しぼり」 終了後に続けて・・↓

11:50頃 「菜の花摘み食べ」か「シイタケ収穫」 

12:30 平日限定「子羊のミルクやり」   ※「子牛のミルクやり」は毎日12:00から
 
13:00 「キッズワーク」(職業体験動物版)

13:30 「バター作り体験」   ※13:30も「乳しぼり」⇒「収穫食べ」の連続体験が可能

14:00 春の新作「イチゴムース作り体験」 または・・↓

14:30 土日「ヒツジのレース」

   ご飯食べる隙もありません(笑)

夕方まで見えるならば、見逃したくないのは16:30「モルモット大行進」と「トランポリンの謎」。
※1日のコースのご提案はいいけど、開催物が多すぎて提案しにくい!(考えるたびに思います)
 お食事・お土産・風景・動物ふれあい・・・目的別、来場される方の構成内容別にすべきか?
 例「(基本無料の)牧場めぐりコース」「小さい子(1~3歳)を連れた方向けコース」とか

  「牧場満喫思い出作りコース」「歩いて健康、自然と風景満喫コース」「牧場グルメ食べ歩きコース」

  「混雑時でも大丈夫!~自然ゆったりのんびりコース~」「カメラマン必見!絶景めぐり」
   ・・・だめだ。コースが出すぎて、わけわかんなくなってきた・・

コメントを残す

ブログ一覧に戻る