まかいの牧場植物特集~

2008.06.07
 「ヤマボウシが綺麗になり始めました」

ミズキ科のヤマボウシ。白い部分は「花びら」ではありません。

白いのはガクにあたる部分なので、綺麗な時期が長いです。

花はどこの部分かと言いますと、白いガクの中央にある緑色の玉の様な部分。

夏の終わりには、その玉のような花が丸く赤い実になります。

その実のツブツブした様子が大仏様の頭の毛(螺髪:ラホツ)に似ているということから

山のお坊さん→山法師 と命名されました。

ハナミズキに似ており、近種です。

実はリンゴとミカンの間のような味で、山の木の実の中でも最上級においしい部類。

馬も大好きで、ポニーのところにある山法師の実は、柵内に落ちた分は綺麗に無くなっています。

柵の外側、ポニーの首が届かない距離には赤い実が落ちているのが見られます。

 「夏に向けて種を撒いたので」

ヒマワリ。

まだこんなもんです。ナノハナ(コマツナ)畑を刈り取って、そこに種を撒きました。

(ちょっと写真ボケてた・・・)
 「その横のブルーベリー」↓

なかなか実がなっているな~。樹は小さいのに。

ジャガイモ畑の横の、今年植えたブルーベリーにはまだ実をつけさせません。(剪定した)

この写真は以前から場内に植えてあるものです。

あと2年ほどしたら、「ブルーベリー摘みからジャム作りまで」とか体験が出来そうだ!(まだ先だなあ)

 「オバケカボチャ畑を見下ろすように撮影」↓

ビニールの筒が「アンドン」と呼ばれる、虫除けです。

写真手前のボサボサしているのは、来年の種を採る用のコマツナ。そろそろ刈り取って干さなきゃな。

 「シャクヤクが綺麗」↓

ただいま満開を通り過ぎたぐらいかな。

写真左上のコンニャクは・・・・・・・・・・まだ芽が出ない!!

急がなくて良いけど、早く芽が出て来い。     (どっちやねん)

 「お盆に採れる予定のトウモロコシ」↓

いまこんな。みなさんのトウモロコシよりも少し小さいですね。

作物はいくら予定を立てていても、気候に左右されるので予定通りには行きません。

ま、それでもスケジュールは立てて進めております。

さて今年はどうなるか・・?
 「8月後半に採れる予定のトウモロコシ」↓

いまこんな。芽が出たばかり。

「お盆を過ぎるとムシが活発になって、トウモロコシが食害されやすい」と聞いていましたが、

昨年初めて3期に分けて育ててみた中で、さほどのことはありませんでした。

ここは高原なので、低地に比べると育てやすいのかもしれません。

春~夏は低地よりも遅くやってきて、秋は低地よりも少し早くやってきます。

 「半日種まきで1527粒」↓

一人でぶつぶつ数えながらラッカセイの種まき。

3500まであと2000!

明日(土曜日)は富士宮市の催し「子育てフェア」の日。

富士宮市中の幼稚園さんが終結し、車1200台で5000名以上が来てくださいます。

その準備でステージを作ったりテントを張ったりもしていました。

ひろーい広場の地面が見えないほどの人が集まりますのでその様子は明日のブログでお見せしましょう♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る