イキナリ・ウール工房見学会

2015.10.30
「ウール工房にて」↓

静岡市、草薙(くさなぎ)の有名ケーキ屋さん「ぞうり」のYさんたちが遊びに来てくださり・・・

ウール工房会員のKさんも「ああ、ぞうりさんね♪何度も行って知っているわ💛」と話が盛り上がり

そのまま、ウールの生産工程を見せてくれました。

汚れを取りながら洗って、染めたものを、「カード機(繊維の向きをそろえる機械)」にかけるところを

まず実演。
 「さらに」↓

カードした毛を、足ふみ式の紡毛器(ぼうもうき)で毛糸にするところまで見せてくれました。

1回ねじっただけのものを「単糸(たんし)」、それだけでは手を放すとフワッと広がってしまうので、

その2本をよじり合わせると「双糸」になり、ほどけなくなります。こうして味のある毛糸が手作りされます。

 「ウール工房裏を耕す」↓

ウール工房のスズキさんからの依頼で、ウール工房裏を耕運機で耕す。ついでにニンニクも植える。

ウール工房の裏の草むらが、みるみる「秘密の花園」に変わっております♪  すごい頑張りだ!

応援したくなります!
 「サツマイモ堀り」↓

サツマイモ堀りは・・・行っておいた方がいい!

なぜなら今の時期だけは動物のエサが手に入るし、面白い食育体験&思い出づくりだから。季節感って大切。

※動物にあげる用のサツマツルだけ欲しいという方は、同行していただければエサだけ収穫もOK。もち無料。

 「(イ)モザイク」

(イ)モザイクがかかっておりますw

こんな感じでツルをグイグイ採って、みんなで動物(主にヤギ)に襲われましょう!

※牧場の動物は誰でも食べますよ~。(ヤギ・ウサギ・モルモット・ワラビー・ウマ・ウシ・羊・・・等)

 「なんだこりゃ」↓

2時頃、ちょっと雨が・・・ 振らないはずだが?と思い 雨雲レーダーを見てみる。

ナンダコリャ。 県内でここだけポツンと降ってら。  (それもレベル2の降り具合で)
 「モグラ」↓

黒いビニール「マルチ」をはがすと、モグラの穴があった。モグラは、畝沿いに穴をあけてることが多い。

ちなみにモグラは芋なんぞ食べません。動物食ですから。

ただ、モグラの穴をネズミが走ってきて、ネズミが土の中の芋をかじることは たまにあります。

※モグラは漢字で「土竜(土龍)」と書きますが、本来この字は「ミミズ」の事をさしました。
 近世で漢字の誤用があり、そのまま定着して、この字がモグラをさすようになったのです。

 「午後はずっとコレ」↓

サツマイモのツルを一人で刈り続ける。

※土日収穫体験分を、どうしても木曜のうちに刈らねばならなかった。金曜は下の子の幼稚園おゆうぎ会。

 「夕方」↓

夕方6時から、株式会社芳光(ほうこう)さんの方から、売店ディスプレイなどについて講習会。

プロの視点でのアドバイスをいただき、勉強になりました~。  
 「夜」↓

夜、ハロウィンプレゼントのお菓子を、秋を担当するスタッフや食の体験のお姉さん達が手づくり中。

メイン日の31日土曜日だけは、まきば農園産サツマイモをたっぷり使った 手作りマフィン!(限定40個)

※これまでも手作りクッキーをハロウィン期間のプレゼント菓子としてお配りしてまいりました。
 スタッフの手作りなので、形や包装などは、業者さんの作ったものにはかないません。
 でも、食べてほしいっていう気持ちの詰まったクッキーです。
 先日もお菓子をもらった子のお母さんが「手作りだってー♪」と仰っているのを2回ほど見かけました。
 買えば何でもそろう世の中だからこそ、手のかかる手作りをするのが、まかいの流。
 頑張ったスタッフのみんな、お疲れさま♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る