カサ雲の富士山が出たら、雨率75%!

2015.11.18
 「花畑」↓

カメラ台と舞台的なのと、POPで分かりやすく表示を出してみました。

23日、来週の祝日、月曜日までで終了です。

 「こんな」↓

こんな構図で富士山を入れながら撮れますが・・・

↑日の出のころ。   朝早すぎて陽があたっていない。

 「大根引っこ抜き!」↓

大切なのは、「選ぶコト」です!

選び方はしっかりお伝えいたしますが、チャッチャとえらばずに、よく選ぶ。

そのためにはよく観察し、比較し、考えること。  これは日常においても大切なことではないでしょうか。

 「サツマイモも掘る!」↓

平日は、ここには書けない特別サービスが・・・  ある!

 「富士山と黄色いイチョウを背景に入れて撮る」↓

乳しぼり会場前はオススメです。  収穫受付前、シャッター押しまっせ~♪  (押したい)

 
 「傘雲の世界文化遺産」↓

1日中傘雲がかかっていた富士山!

かさ雲がかかると、24時間以内に1ミリ以上の雨が、富士山麓のどこかで降る確率が75%だと。

裾野市の富士山博物館に書いてあった。 10回中7~8回も降るなんて、なんて高確率!(本当だろうか)
 「数分で変わる!」↓

こんな日の富士山は、数分で様子がどんどん変わる!  

見ていて面白いですが、最高な瞬間を見つけられた時は、近くのお客様にご案内しまくる!(今です!と)

 「13:30にも大根&サツマイモ」↓

今は両方できますのよ。   畑近いし、まだあるし。   1回で2度おいしい!

 「動物にえさ(大根葉)をあげる」↓

レストランに大根を届ける際、大半のものは葉を落とします。だから、葉っぱの山がある際は、エサ取り放題。

どの動物でも食べます。  今はまだ大根抜きが始まったばかり。

だから葉が青々して活用しどころです。(自分で抜いた分の葉は、ぜひ召し上がっていただきたいなと)

 「堆肥を運ぶ」↓

暗くなるまで堆肥を運ぶ。運びまくる。  今日も雨の中運びまくる予定。  (でも晴れてんな・・・)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る