キュウリな日々♪

2011.08.16
「ツチケムリヒマワリ」↓

花畑の下の道路に土が少したまっており、トラクターバスが通るたびに土埃が舞い上がるので

ブロアー(風で掃除する機械)で吹いてみた。   ・・・・すげぇ・・・・

こりゃあお客さんが入る前の早朝でないと掃除できんな。  スマン ヒマワリ。

※スタッフのエンドウさんは朝、6:30には来て掃除を黙々と始めている。毎朝毎朝。1夏ずっと。
 お客様のことを想えばこそなのだな と思いました。  

 「ミツイお兄さんもすごいぞ」↓

ミツイお兄さん、オダジマお姉さんも毎朝はやい。  超はやい。

早朝、赤トラクターを拭き掃除していた♪  やるな、若者。

※おとといの夕方ミツイおにいさんが「おれは動物たちのためにも朝来るのだ」と会話していたのを聞いた。
 まかいの牧場には素敵なスタッフがいっぱいだ♪   ・・・と感じた。
 「朝のキュウリもぎ食べ & カブトムシクワガタ観察 & なりきり農家さん」↓

私が種まきから育てた、農薬一切不使用の有機栽培キュウリ。

品種名は・・・・・「さつきみどり」・・・・。  ( ;゜Д゜)オイオイ・・・・ダイジョウブナンダロウナ

おいしく召し上がっていただければ幸せです。
 「4姉妹さん」↓

このあと、15日の朝はクワガタ2匹、カブトムシ2匹ゲット!

樹をキックしてクワガタがふってくる記録は連続12日を数えております。そろそろ途切れるか・・?
 「手洗いも大切なお仕事の延長」↓

「なりきり農家さん」は本格お仕事体験!朝だけの企画です♪

1人5本収穫して、縞々に皮をむいて味付けして、1時間ほどなじませてから、棒を差して販売まで自分で体験!

お客様は、あそびに見えている他のお客さん!

まずは手洗いの指導。手の甲・指の間・親指の付け根・爪と手のしわ。他の人にお料理を食べてもらうのですから

手洗いをするにも気合が入ります。

 「調理中」↓

手をアルコールで最後消毒して、売り物を作ります。丁寧に・・・・

食べてくれるお客様のことを考えながら・・・・

 「いらっしゃいませー! → くださいな♪」↓

通りがかった親子さんがカワイイ声を聞いて、キュウリを買うことにしました。

小さいお兄ちゃんにお金を渡しながら「『1本ください』って言うんだぞ♪」とお父さん。

なかなか良い光景でした♪
 「わが子のがんばる姿を見守るお母さん」↓

知らない子供さん同士が心を一つにして、順番に「おいしいですよー」「今朝採ったキュウリですー」と

声を出してゆく。参加された親御さんは皆、少し離れて笑顔で見守る・・・・。

がんばったおかげで完売だ! 

買って食べる方も幸せだけど、実は、売る方はもっと幸せって事を、チョッピリ知ることができましたね♪

そこへさらに、お客さまから「キュウリ、おいしかったよ」って言われたら、最高な幸せ。
おうちでお母さんがお料理してくれるのだっておんなじだね。

今日から、食事の後には「おかあさん、おいしかったよ」って、思っている心を ひとこと言うだけで

みんなが幸せになれるんです。           そんなことに気づいてほしいな。
 「痛い♪」↓

キュウリとげイタイイタイ!  っと嬉しそうなお母さんの声が上がっていました。

そう、キュウリはとげがあります。でも体験しないとイマイチ分からない。

どのぐらいの長さと堅さのとげなのか。痛いのか痛くないのか。

言葉では分かりません。 

 「100聞は1見にしかず < 100見は1験にしかず」
 「イイカオすぎる・・・♪」↓

あんまりにも1口ごとに「いい顔」だったのでつい 1枚・・・♪

ありがとうございます。
 「13:30のキュウリもぎ食べ」↓

そろそろ次の追肥をせねば・・・   キュウリのお世話のコツは、剪定と追肥。

1株あたり5~10本採れたころには追肥をした方がいい。長い期間良いものが採れるから。

 「洗う水も」↓

富士山バナジウムウォーターで洗う!  

この辺は水がおいしいんですよね~。  
 「夜」↓

かずし君のオトウサンに触発されて、私もバナナトラップを4つ仕掛けてみた。

仕掛けて1分。暗闇で写真を撮ったら、すでにでっかいガが2匹もいて、フラッシュで私がビビッた。
                         (; ゜Д゜) ガは苦手・・・
16日の朝はいかに!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る