キュウリネットを上手く張るコツ

2013.06.12
「早朝」↓

毛虫対策。悪いことをしているわけではないが、毛虫が牧場にいては困る。

毛虫に刺されると、長い。  今、私はおでこをやられて5日ぐらいずっとかゆい。
 「液を調合」↓

ものづくり工房前の手作りシャボンダマシーンが人気♪

5リットル作った液が1週間で無くなったので再び調合。
 「お休みのスタッフが」↓

お休みのスタッフさんが、シフォンケーキ作りに挑戦していた。

「子供のころ以来だなあ」と言いながら、楽しそうにお菓子作り♪

この前に、リアル3Dの手形を作る「めモォ~リアル」も作ってきたとか。
 「キュウリネットの張り方」↓

一大カボチャ・キュウリ畑を作り上げるべく、支柱立て・ネット張り、苗の植え付けを一気に進める。

ネット張りでは、支柱の上下にヒモを張るところから。

ゆるく張ったひもに、ネットの束のハジを通す。(まず上だけ)
 「ヒモを通してから」↓

ヒモを通してから、始めて白い束ねているヒモを外す。

順番を間違えると、もう大変。

 「ここが最初のポイント」↓

ちょっと広げながら、ねじれが無いか確認しつつ下へ。

下もヒモを通してから、束ねているヒモを取る。

 「カーテンみたいに広げる」↓

パラパラと・・・

 「このぐらいの張り具合で」↓

少したるんでいるぐらい、全体に均一に。

 「余りを束ねてから」↓

余りを束ねて、切る。

それから、ハジを縛ったり、上に引っ張って縛り、ピンと張る。

ピンとしていないと、風で作物がダメージを受けやすくなるので、たるんでいるなんてダメ。
 「キムラお兄さんも学習」↓

年間でもこの時期しか学ぶ機会が無い。  

 「よし」↓

オモチャカボチャ30株植え付け、キュウリ1期目苗と2期目苗と3期目の種まきまで完了。

オモチャカボチャはものづくり工房で素材として使う予定!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る