コウモリがポトン

2013.03.22
 「朝日の中の山羊達」↓

朝もやが消える頃・・・、山羊達が頭をグリグリと押しつけ合っていた。

ヤギは、常にこういった事をして優位の順番をつけあっている。 

僕の方が強いぞ  って。

だから、ヤギの習性に照らし合わせれば、ヤギの頭をなでてあげるのはケンカを売っている行為になることも。

(小さいころからヨシヨシされているのに慣れていれば、ちょっとちがいますけども)
 「ブタの横の梅が♪」↓

美しく咲いてくれております♪

 「こうもりがポトン」↓

地面にポトンと落ちたものがヒクヒクしている・・・  コウモリだ。

昼間は飛んだりできないが、暗くなると別の生き物のように元気に飛び回る。

明るいうちは、すき間にもぐりこんで休んでいるが、何かの拍子に落ちたらしい。

 「飛膜(ひまく)」↓

コウモリは翼手目であり、鳥とは全く違う翼を持つ。指が伸びて進化し、その指の間に飛膜がある形。

このあとチリトリに乗っけて、雨が降っても大丈夫な暗がりに置いてきた。

コウモリは野生動物なので、触ったりしたらしっかり手を洗うコト。これはとても大切。
 「容器更新」↓

手洗いの洗剤を入れる容器を一新!  綺麗な容器で気持ちいい♪

 「放牧場を下から見る」↓

放牧場の「見晴らしの丘の鐘」からの富士山は素晴らしい。

でも・・下から見るとこんな感じで、その素晴らしさは一切分からない。

登るのは大変ですが、是非行ってみてほしいところの一つです。
 「小麦畑」↓

緑に輝く小麦畑。  まだ穂は出始めていません。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る