コンニャクを作りましたよ!♪(次回は1月16日開催)

2010.12.13
 「日曜日の朝はシュミレーションから」↓

先日の社員研修内で、自分達で考えて決めた行動目標の1つが「お客様対応シュミレーション」。(毎週日曜に)

日中、お客様とのご挨拶や会話の中に、気の利いたひとことを添えようという目的。

シチュエーションは「通りがかり」「食の体験中」「初めて牧場に見えたお客様に対して」「ものづくり工房に

入って見えた方に対して」など様々。

スタッフ同士でお互いにシュミレーションしてみることで、実際の1言に自信がついたり、お話の引き出しが増えたり。 

イメージしてやってみるのは効果がありますね♪「思っている」のと「実際に行動する」のは違う。

 「コンニャクイモ」↓

3株植えましたが、1株は予備。2株を使います。

表面を強めに洗うだけで皮がむけてきます。赤い芽と泥部分だけ切除し、適当な大きさに切る。

2玉分で約1キロ。  うん、なかなか良い大きさだ♪

 「ミキサー」↓

はかった水とイモをミキサーにかけてゆく。本当はすりこ木でゴリゴリコツコツとすりつぶした方が良いのですが

時間の関係もあり、ミキサー使用。

それでも時間が押してしまい、今回はゆでたてをその場で召し上がっていただくことができなかった・・

 ※おうちに持ち帰って、夜食べる形になってしまいました、すみません・・。
 「ピンクでドロドロ」↓

粉々にすると、淡いピンク色。  トロトロなのは初めだけ。数分でゼリー状に固まり始めます。

水とイモだけなのに。

今回は水を少なめにして、「濃い本物のコンニャク」を作りました♪ 市販品とは「味の濃さ」が全然違う!!

  ※普通はイモ1キロに対し4~4.5リットルの水で延ばす。 そこを、3リットルにしました。
 「熱しながら混ぜる」↓

淡いピンク色が灰色のコンニャク色になるまで、約10分ほど火にかけながら良く混ぜる。

写真は「ブフーッ」とまるで怒ったように湯気を噴き出した瞬間。

 「色の違い」↓

右はOKになって灰色になったもの。左はこれから熱するピンク色のもの。

この体験工房の屋根が黄色なので、色の違いが分かりにくい・・・  なぜ屋根をこんな色に・・・・
 「凝固材」↓

良質の草木灰なども使ったりしますが、今日は2種類の凝固材を使って 味くらべ。

左が「牡蠣殻焼成カルシウム」「右が炭酸ソーダ」。市販品はソーダを使うのが普通です。

牡蠣殻のモノは普通に売ってないので、下仁田から取り寄せました。ソーダは薬局で売っています。

仕上がりの色は凝固材によって全然違うものができます。

※しまった、コンニャクの 茹で中+完成した写真を撮り忘れました・・・

 「外で」↓

落ち葉のプールで、あんまり楽しそうだったので1枚撮らせていただきました♪

楽しさが伝わってきますね~♪

 「採ったぞォー!」↓

「大根白菜・種まきから漬物まで」で挑戦中のユウト君たちは、畑から1輪車で大根白菜を収穫♪

ご自分の畑をお持ちの方は、1声かけていただければお好きなときに収穫できます~。

一気に全部採っても、食べ切れませんしね。

※畑の区画価格は、昨年まで30株5000円でしたが、18株3000円に変えました。
 「サツマイモ掘り」↓

「自分の分は自分で掘るの!♪」っと自信にあふれた声が。

さすがお姉ちゃん。    しっかりしてるなあ!
 「サツマイモ掘り」↓

週末での開催はこれで最終日!完全終了かと思いましたが、あと少しあるので平日でなくなると思われます。

来週末までは絶対にありません~。

今年も多くの方々にご参加いただきまして、ありがとうございました!

 「羊のかけっこ」↓

実は今、羊のチダお兄さんが北海道に研修中。  (サムサデタイヘンナメニアッテイルトキキマシタガ・・)

そこでこの土日だけ羊のかけっこを私がお手伝いしているというワケです。トラクターも1本だけ運行手伝い。
 「大根ひっこぬき」↓

ヒツジのかけっこが終わったところで、続けて大根ひっこぬきとしいたけ収穫に出発。

富士山と海の見える放牧場 を経由して畑に向かいました。  

大根収穫、良い表情ですね♪  
 「ヒソカイサイ」↓

ひそかに開催されたシイタケ収穫。口頭でのご案内は一切無し。表示もなし。

というのも、日曜日は限定3組分ぐらいしか出ていなかったから。

このブログをご覧になって、シイタケ開催を知っていた方々だけで行いました。

シイタケは超人気のため、人数制限があり申し訳ないところです。露地栽培のため、予定通りには行きません。

※今日ももっと載せたい写真があったのですが、本日分は容量オーバーの為また後日に掲載いたします~。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る