コンニャクを作りましたよ!(春、植えるところから)

2010.01.17
 「コンニャク作り」↓

昨年春植えたコンニャクをいよいよイモからコンニャクに変える!

まず洗ったら皮をむく・・・・・真剣。

 「みのり君たちはお友達と一緒に」↓

なかなか見事な包丁さばき!

お父さんも本気で「お・・・俺よりうまい・・・」っと感嘆の1言が、口をついて出ていましたね。

 「みんなでミキサー」↓

順番+役割分担で、みんな協力しながら楽しそうに進める姿が印象的。

今回は体験のお姉さんが「1度私もやってみたいのですがいいですか?」と言ってくれたので一緒に挑戦。
 「おお~固まってきた」↓

コンニャクは水と一緒にミキサーにかけただけでゼリー状に固まってきますが、凝固剤を入れるとさらに固まる。

今回も凝固剤には科学生成品でなく「牡蠣殻焼成石灰(カキの殻を焼いて粉末にしたもの)」を使用。

比べる良い機会だったので、体験のお姉さんは科学生成品の「精製Pソーダ」を使用。

普通はこちらを使ってこんにゃくを作るのが普通な様です。

※みのり君の笑顔がステキですね~。

 「そのお姉さんの方」↓

おお、色が違う!

同じ材料で、凝固剤だけ違うだけなのに。

ちなみに牡蠣殻焼成石灰は普通には売っていなかったので、ネットで下仁田へ注文しました。

 「1番楽しい時間かもね♪」↓

試験的に、ゆでる寸前の形作りタイムをとって見ました。

コンニャク作りだけは1度に多くの組数を受け入れできません。ゆでる火の関係もあって。

量をすごく少なくすれば少人数でも出来るかもですが・・・

来年はこの時期、普通に「コンニャク作り体験教室」を食の体験メニューとして毎日開催できないか模索中。

 「こんな色でこんなに楽しそうに出来ました♪」↓

楽しいね♪

 「ゆでるのも楽しみ」↓

1時間近くゆでます。ポチャンといれずに、お湯の中へ「スッ」と静かに入れます。

みんな上手に出来ていました~。

 「ひかりちゃんサッと拭き掃除」↓

コンニャク作りは作る合間、洗い物や掃除を自分で進める。

ここがただ作って食べるだけでないイイ所。

 「ほかほか出来立てコンニャク!」↓

おいしそ~う♪

 「みんなでいただきま~す!!」↓

今回はレストランさんからユズ味噌+肉味噌を少し分けていただきました♪

お姉さんの方と味がちがった!!!(凝固剤の違い)

舌ざわりの違いの、最大理由は「ミキサーのかけ具合の違い」だね。
 「準初挑戦」↓

初の反対周り外引き馬は、まずトモヤ隊長に乗っていただく♪

 「ややっ・・・・あれは!」↓

動物が得意でなかったはずのマナト君じゃないか!♪

はるか遠方から隠し撮り・・・・

勇気を出して頑張っているようですなァ。  いいぞっ♪
 「今月のふれあい学習は・・・すごい人気だ!」↓

「羊の赤ちゃん感じてみよう」はなかなかの人気。

実は今日の14時からのふれあい学習が終わった際、アンザイお兄さんが

「いや~、予想よりも多くの
方が集まってくださってきんちょうしました~」と申しておりました。

 「今日午後のメイン仕事」↓

タイヒを畑にずんずん運ぶ。

 「お、ありがとう」↓

ゆうがた、おてつだいりがとうね~。

まなとくん。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る