コンニャクを作る週末♪

2008.12.15
 「定点観測:よきぶーのカレーシュウ」↓

やはり右下手前角の1株はでませんねー。残念。

そろそろ大風対策で、ビニールの上に何か乗せなければ・・。

 「コンニャク皮むきから!」↓

生のコンニャク芋はゼッタイに素手で触ってはいけないのです!

なぜなら、今日2つの実験(?)をして思い知ったからです!

でもゆでた芋なら大丈夫。触ってもヌルつくだけ。においも悪くないなあ。  と思って・・・

 「実験②」↓

ゆでた芋を食べてみた。「感想」→おっ♪塩をつければサトイモみたいだねっ♪おいしー。

・・・・・・・・・・なんか口の中ピリピリしない?

・・・・・うわ。くちんなかイターイ。
 「いそいでゴクゴク」↓

いやーすみません。事前に1口食べて大丈夫だったのでみんなで食べたのですが・・・・

口の中の粘膜は弱いから、あんなに時間差でやってくるとは・・・・・・・
ちなみに「実験①」は、今朝ワタシが生の芋を試しにちょっと指に塗ってみたのです。

かゆくなりましたね。  チョットにしておいてよかった。でも経験しないとどんなものかわからないと

思いまして。      わかりましたよ。

 「ミキサー」↓

アクシデント発生。

ワタシのミキサーのパッキン?がどっかいっちゃいまして、モレるのでレストランから借りてきた。

それでお湯と芋をミキサーにかけると・・・・・

アレ。芋が1部そのまんま。刃の回転する部分にスキがあった様子。

もう一度ミキサー・・・・・・・・・ありゃ。もうドロドロ的に固まりつつあって、ぜんぜん混ざらない。

仕方ないのでまだ崩れていない固まりは取り出して、作業は進めました。

 「慎重に貝殻焼成カルシウムを4グラムはかる」↓

翔くん頑張りました。4グラムはものすごく微妙でした。

 「まぜる!」↓

ここがポイントの1つ。

手早く全体をまぜます。(この後で固まったとき、このときのムラがものすごく出ていた・・(笑))

 「寝かせている間に」↓

凝固材を入れた後は20~30分寝かせるので、その間に荒いもの。

いや洗い物。

さすがしおりおねえちゃんは進んでテキパキお手伝い。エラーイ。

 「翔君うまいぞ」↓

寝かせたコンニャクをいよいよお湯に投入。

四角に切れていてうまいうまい。

 「お玉でいれても」↓

玉コンニャクになりますね。

 「お父さんと一緒に♪」↓

切る! 
  
 「ひとりでできるもん」↓

じゅんなちゃん一人で切る!よし!成功。

  あ、この後の蕎麦クレープ作りでチョット指切っちゃってましたが大丈夫でした?

 「おいしー♪」↓

 「ウマー♪」↓

 「ゆでる合間で」↓

ぼくじょうでこんにちわのジャンケンゲームに燃えました。

知らない人に声をかけるのは勇気のいるもの。積極性を育てる目的です。

和気藹々(わきあいあい)といい空気が流れていましたね~♪

 「蕎麦クレープ作り体験」↓

チョットお怪我もしちゃいましたが、おいしく食べられましたね。

みんなで作ったそば粉も残りが少なくなってきました。なくなり次第終了ですー。
 「夕方の・・・」↓

暗闇にハッキリと浮かぶ幻想的な富士山。

デジカメでは撮れなかったか・・・  でもなんとなくわかります?

 ※デジカメを子供に破壊された・・・。後ろの表示部分が割れたので写真確認がすぐ出来ない。
  残り何枚かもわからない。フラッシュがつくのかつかないのかもわからない・・・・
  またヤフオクで買うか・・・

コメントを残す

ブログ一覧に戻る