コンニャク作りレポート

2009.12.07
「朝」↓

生まれて初めて「かけあし」を1人で出せたカワシマさん。

ウマに乗る人はできるものですが、何事も初めてできたときはうれしいもの。

スノーチャペルを仕上げるにはもう一息だ!?

 「コンニャク作りを開催!」↓

といっても、定員はすでにいっぱい。 事前申し込みされた方だけなのです~。スミマセン。

コンニャク芋の2年たったものを春に植え、今いよいよコンニャクにできるのです。

まずは皮むき。さすがお母さん上手! 

 「ペタペタ」↓

手順は、①皮むき ②水を入れてミキサー ③凝固剤を入れ、熱してまぜる ④さめたら切って、茹でる

この写真は熱してまぜた後、バットに入れているところ。

20分ぐらい置くと、ゼリー状に固まってきます。

凝固剤は、普通「炭酸ソーダ」という化学薬品(?)を使いますが、ココでは「貝殻焼成カルシウム」という

自然のものを使います。固める力はソーダほど強くないですが、アクが少なくておいしいと♪

 「最後によ~く茹でます」↓

チャプンッ っとはねないように、1つづつ入れてしっかり茹でます。

 「Iさんのサツマイモ掘り」↓

サツマイモ掘りは全て終了しましたが、自分で植えたIさんはいろいろ都合で掘るのは今日に。

他の作物でも、一応収穫日は決まっているものの、全員予定通りには行きません。(当然)

お世話の日や収穫日などはずらすことのできる作物もあります。サツマイモはワリと平気。

トウモロコシなんかはおいしい時期は1週間ぐらいですから、「今週都合が悪いから来週にしよう」ってのは

お勧めできなかったりもします。  それでも全員そろうのは無理ってぇものですが。

 「コンニャクできたよ♪」↓

超できたてを「さしみコンニャク」でいただきま~す!

これで今度からこんにゃくを食べるときには、今日のことを思い出す・・・・かな?

 「基本は平日限定ですが」↓

コレは乗馬(ひき馬)の特別コース「外のりひき馬」。

他のお客様が歩いている場内を、うまで闊歩する、冬季限定の催しなのです。

 「富士山もバックに入る」↓

ちょうど乳しぼり会場前に見えたので、ハイポーズ!

風がありましたが、富士山の美しい日でした。

 「今日の大根ひっこぬき体験は・・・・」↓

大根白菜収穫はいつも通り行いましたが、この後が特別だった!

 「秘密の場所」↓

載せといてナンですが・・・・・・・・・・秘密です。     最高な日♪         

 「ナガグツンジャーの活躍」↓

トモヤ隊長の体調もタイチョウブで、だいたい超元気。          ・・・・・・・?

インフルエンザを乗り越え、又1つ免疫を獲得したトモヤ隊長。         ・・・・・・・??

意味不明ながら、言いたいことは、     「ナガグツンジャー復活だ!!!」

リコ隊員やノン隊員もがんばっていた様子。夕方暗くなるころが特に忙しいのだ!

マサキ隊員もこないだ真っ暗な中がんばっていたっけな~。 

           (勝手に隊員にしてスミマセン♪)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る