サツマイモ掘りの洗い場完成。

2007.09.21
ふ~っ。できた。↓

といっても、制作時間30分ですが。

考えたポイントは「1つの水道で大人数が同時にイモを洗える」でした。

昨年の貸し農園「ジャガイモ」で収穫の日に考えた洗い場の

2倍の大きさにできました。

明日は初日だからきっとどこかに改善点が出てくるでしょう。

日を追うごとに良い内容になる様、ご案内セリフも含めて改善を重ねたいところです。

掘ってすぐ食べる方法は今のところ2つ。

「ふかして食べる」と「スイートポテト作り」です。

※「スイートポテト」は当初の予定通り10月1日からです。

農園の私のほうでは、昔ながらの羽釜で豪快にふかして食べるほうを担当しています。

予定している手順は、①掘る→②洗う→③大きいものは切る→④濃い塩水に5~6分漬ける。→⑤網に入れて棒から吊るす→⑥大釜で15分ほどふかす

お♪・・・お手紙を頂いてシマイマした♪↓

先週紹介した中でのカナト君からです。

昆虫の話や、アリ・テントウムシ・アブラムシの共生や捕食の話なども

(会話の流れで)お話しましたが、よく内容を理解してくれていたのに驚きました。

手紙には昆虫や動物、作物なども頑張って書いてくれてあったり

文もしっかり気持ちを表現してありました。

夏休みで1番の楽しかった事とまで感じてくださってありがたいことです。
普通、農家さんでは手をかけて作った作物が誰が食べるか分かりませんし、

ましてや食べているところなんて見られません。

種まきから食べていただけるところまでを自分で提供できること自体が

大変感謝すべき環境だと思っております。
このブログも、日々見ることを習慣付けてくださっている程の方が

いらっしゃるおかげで、毎日一度も抜けることなく更新する事ができています。

(更新してない様な日は、更新作業が午前12時を超えた日・・・)

自己満足で終わらぬよう、「食育」という大きなテーマを表現できるよう

努力・改善してまいります。

お気づきの点等ございましたらぜひお教えくださいませ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る