サツマイモ掘りは4割ぐらい終っています。

2008.10.15
 「4割ほど終ってきたサツマイモ畑」↓

なくなってゆく進み方が昨年よりも早い!昨年は6000本植えつけて、12月20日すぎになくなりました。

今年も同じだけ作っていますが、この分だと11月の後半には畑がカラッポになりそうだ!

 「植え付けからされた方々の畑」↓

さあいよいよ収穫の日が近づいております。予定通り、今度の日曜日(19日)に行います~。

19日は午前中が10:00からサツマイモの収穫、ソバも午前10:00から刈り取りとなります。

農園参加の方は畑に直接集合~。

 「ソバの畑」↓

倒れている・・・。起こしながら刈り取る事になりますが、大丈夫です。

ハサ(ハザともいうらしい)に束ねたソバを掛けてゆく作業は19日の10:00畑集合で行います!

 「大ガマの中はどうなっているのか」↓

大人が3人入れそうな大釜の中は、したから「お湯」「鉄枠」「鉄アミ」となっています。

網の上にふかしたいイモを乗せて蒸気でふかします。

 「・・・・・・落し物は困ります」↓

ドッグフィールドのあたりを歩いていたら・・・・。あら。左端下にうつっている黒いもの。

場内でこのようなことが続くと、とうとうワンちゃんの入場を制限する事が必要になります。

そうなる可能は、現在とても大きい・・・。

 「目の前でハチが入った」↓

秋はハチが攻撃性を増す時期。山の中なら良いけれど、ここは大勢の方が訪れる施設。何もしない訳にはいきません。

「砂糖」「酢」「焼酎」をまぜた、ハチとり器を作りました。今日目の前で1匹入った・・。ゴメンネ。

 「こんな風にしてみました」↓

中央広場の牛2頭に「年賀状写真ポイント案内」を出しましたが、イマイチ道から遠くて見に行く人少なし。

そこでこんなふうに、「おやっ?」と人目をひくようにしてみました。
 「返却軍手が裏返しですと・・」↓

サツマイモ掘りに参加された方は、しつこく言われてうんざりだったと思うのですが「軍手裏返し返却禁止」の件。

膨大な数の軍手を1人で洗っているので、このように裏返しのものが混じっていても気付かずに洗うことが。

 「すると洗濯後に・・・こうなります」↓

ドロがたまったまま。軍手の返却は裏返さずに、指を伸ばしたまま(そのままの形)で返却をお願いして

おりまする。
 ※そういえば。サツマイモを甘くする火の通し方は、温度にあります。
  分子の大きいデンプンを、切って「糖(甘さ)」にかえてくれる酵素はサツマイモの中にあります。
  その酵素がイチバン働く温度帯をすばやく通り過ぎると、その働きが少なくなってしまいます。
  温度は75度前後。このあたりをゆっくりと温度を上げながら火を通すと、甘くなるというワケです。
  ガス火で直接よりも、焚き火遠距離や石焼き芋が甘くなるのも、その温度帯をゆっくり進むから。
           又今度特集しましょう~。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る