シイタケ菌打ちの日(前半)

2009.04.09
桜が満開で、桜吹雪の週末は12日がお勧め♪ 花見グッズをお忘れなく!

 「ジャガイモの畑名札を全部つけました♪」

個性的な名前が多いです。 ジャガイモの芽が出てきた人はまだありません。あと1週間くらいかな?

 「今日は1日中」↓

シイタケの菌打ち。穴を開けて、そこへ「コマ菌」を打ち込みます。

木の中は菌同士の戦場。コマ菌はシイタケ菌兵士の詰まった基地のようなもの。戦場に兵隊を送り出します。

敵は自然の雑菌。菌糸を根のように木の中へ伸ばすのが、その戦いです。
 「コンコン打ち込みます」↓

でっぱりすぎても、ヘコみすぐ手もダメ。打った後、「ふた」をする方法もあります。

打ち込んでから2年(夏を2回経験すること)でしいたけが生え始めます。
 「つかさ君お手伝い」↓

遊びに来てくれたので、シイタケ菌打ち体験です。

本当はこの作業をジャガイモ植え付けの皆さんと一緒にしようと思っていましたが

あの日の暴風雨ではねえ・・・・。傘の骨が折れるほどでしたから、それどころでは無かったです。
 「しいたけを採った木はどうなるのか」↓

シイタケは木材腐朽菌(木を腐らせる菌)の1種。木のエネルギーを使ってキノコが生えてきます。

何年もしいたけを採った木は・・・・

 「グシャッ」↓

柔らかくボロボロに。外でキノコを発生させるなら、この辺りでは5~6年使えますね。

業者さんだと、加湿加温して最大限に発生させ続けるので、その場合2年ぐらいで終了。

 「シイタケ収穫しちゃった」↓

チョビチョビ発生。問い合わせがあって、今日は私がその横で作業していたので収穫体験しちゃいました。

雨さえ降ればすごいのだけれども。
 

 「こんな木が」↓

                       冗談ですヨウ。

 「暖かかったから」↓

夕方、朝には出ていなかったシイタケの赤ちゃんがたくさん出始めていました。

これなら1回雨が降ればすごい事になるぞ・・。雨がないなら、土曜日にはスプリンクラーも使ってみよう。

日曜日(11:30すぎ)にできるかな?
 「放送情報発見」↓

ココのところ撮影多かったからなあ。

 「サクラサクグリドンハウス」↓

雰囲気がとっても良くて、思わず軽トラックの上に登って撮ったけど、

逆光気味でチョット暗かったなあ。
 ※減反政策まだ止まらない様子・・・。世界的に将来的にそんな事してる場合ではないと思うのだが。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る