ジャガイモ収穫パーティー+小麦刈取・脱穀体験は大盛り上がり!

2009.06.21
※今日は86枚写真を撮りました。厳選して22枚にしたら、まだデータ量が大きすぎてオーバー。
 さらに厳選された17枚を掲載↓ 

 「朝ニンニクを収穫するよきぶー君たち」↓

今日ジャガイモと一緒ににんにくを収穫。帰りの車の中が大変な臭い・・いや。匂い・・いや、香りで

大変(素敵な)ことになったと早速コメントありがとうございます・・・。食べるの楽しみですね~♪

 「みんなでジャガイモを掘ろう!」↓

自分達で植え付けから育てたジャガイモをいよいよ収穫。今日は収穫にはこれ以上ない最高な日和。

数日晴れが続いた後の晴天日が一番なのですが、まさにそんな日。(明日の方は雨の中の収穫だ。決行)
 「な!なんですと!?」↓

ジャガイモをほっていたら・・・・・・・・・・・・・卵が出てきた・・????????????

なんで???明らかに鳥の卵。色は水鳥のような青緑色、大きさはウケッケイよりチョット小さいぐらい。

これは・・・・いったい・・・?  さっぱり分からない・・・・。(よきぶー君の畑から現れた卵・・)
 「ジャガイモの実」↓

緑色のトマトのようなのはジャガイモの実。できたりできなかったりしますが、イモを切って埋める方法では

品種改良できません。このようにして種を採る事ができるから、品種を混ぜたりできるようで。
 「料理法」↓

中ガマでふかしイモ。まきの炎です。

 「料理法」↓

ホイル焼き。コウヘイ君のお父さん、今日も大活躍です。

 「小さいのは面倒じゃない」↓

小さいジャガイモは面倒なようですが。掘りたてでは逆に料理が楽。掘りたては皮をむかなくてもOKなので

そのまま油に放り込めばすぐにおいし~く食べられます。
 「菜の花の種採り体験」↓

これは少しだけ残しておいた菜の花をチョット体験。

 「鞘」↓

この鞘に黒いツブツブの種が入っています。よく乾いていれば、ちょっとつぶせばパラパラでてきます。

 「小麦刈り取り!」↓

ロケーションは最高♪富士山を眺めながら、「小麦の刈り取りからパン作り」に挑戦です。

 「脱穀」↓

足ふみ式で脱穀。Fさん指導で大活躍!   ありがとございます。

早くパン作りたいですね~。引き換えチケットは7月中に「食の体験工房」にお持ちください。

週末等はタイムスケジュールの「パン作り体験」にあわせて体験できます。

自分達の収穫した「ココ産小麦100%」(価値は国産のもう1つ上)でパン作り。粉の違いが味に出ます!
 「本人が【アルフィー】って・・・」↓

お父さんもお母さんもアルフィーなんて教えてないしあまり聞かなかったそうですが、なぜかよきぶー君は

知っていた。      【アルフィ-】を・・・・。
 「小麦脱穀全体図」↓

 「次はふるいにかけよう」↓

大きなゴミを手でとったら、ふるいにかける。中くらいのゴミがある程度取れます。

 「唐箕(とうみ)はすごい器械です」↓


からゴミ混じりの種をいれ、回すとゴミは吹き飛び。重い種は下に落ちる。使って分かるこのスゴさ。

参加する人が全員集中していないと作業はすべてやり直し。きちんと手伝わざるを得ないのです。

このような作業は、心を合わせる訓練になるなあとつくづく思いました。素敵なことだ♪

 「カイちゃん真剣」

菜の花の1つのサヤに何粒入っているか真剣に数えるカイちゃん。

 「働き者集合とその成果」↓

みんなが自分の仕事をこなすことでやっと収穫できた小麦♪

パンづくりがたのしみですね!

※来年はうどん等もいいとナイスアイデアをいただきました。

小麦刈り取りからパン作りでは、刈り取り+脱穀作業から、その小麦100%でパン作りまでできます。

参加の方には引き換えチケットをお渡ししますので、その券を7月中に「食の体験工房」へお出しくだされば

パン作り体験ができます。

(普通のパン作り体験【1400円】ではロールパン3個分ですが、このコース【4000円】は9個作れます。結構大仕事!?)

受付は14:30のふれあい学習館で行います。(20・21日とも)※参加人数と料金は関係ありません

コメントを残す

ブログ一覧に戻る