スペシャル収穫

2015.04.17
「春を告げる植物」↓

牧場の山で咲いている、カタクリ。

ほとんどの花は終わっていましたが、今ちょうど咲いているものもありました。

春の2ヶ月間程で花を咲かせ、木々の新緑が萌える頃には根だけになって、ほぼ休眠状態になってしまう。

そんな植物を総称して「スプリング エフェメラル(春を告げる植物・早春植物)」と呼びます。

カタクリは種から育てる(実生)と、花が咲くまで数年かかる。

環境の変化でいつの間にかなくなったりもしてしまう。なんと儚い(はかない)植物でしょう・・・  

            燃えます。萌えます。   

 「堆肥を運び込む」↓

営繕のオジサマの協力を得て、堆肥を運びまくる。

ここが6月に広大な畑になる予定。
 「幼稚園さんがたくさん遊びに見えました」↓

遠足シーズンがボチボチ始まります。(メインは5月)

木曜日は、3園さんほどが重なり、場内にぎわっておりました。

 「せっせと自分たちで」↓

ツツキお兄さんたちが、モノづくり工房前の花壇を大リニューアル中。

「大人っぽい感じ」を目指して。    どんなふうになるか楽しみでアリマス!

 「シイタケ収穫」↓

連日の雨のおかげで、シイタケもりもり出てきました!  

11:30も13:30も両方ともしいたけ狩りじゃぁ!(今日もね)

※あ、燻製作りは、明日明後日の土日で、いったん最終回といたします。
 「シイタケ収穫」↓

いい1枚を頂きました。↑ 

シイタケいっぱい、表情もいいね!  シイタケ狩りとタケノコ堀は天候次第のレア体験! 
 「シイタケ収穫」↓

遠足。  子供さんと片方の親御さんだけのケースが多いので、割と写真まで気が回らない(場合が多い)。

そんな、幼稚園保育園さんの遠足こそ「お写真撮りましょうか?」のひと声が、小さな感動につながるのです。

スタッフは念頭に置いてほしい。
 「さらにシイタケ狩り」↓

シイタケ狩りは、普段は、1家族50円からご参加いただけます。 とご案内しております。

1個50円計算なので、1家族ででっかいの1個取れば50円だけ。  3個採ったら3個分、としております。

普段は。

 「ナノハナも」↓

菜の花さいてきた。       ・・・まだ早いわ!   摘み取りまくってくれるぅ。   

今は摘んでしまわないとGWを迎える頃に花が咲き終わってしまっているので。

今は、「コイノボリ」「手に持った黄色い花束」「下に咲いた黄色い菜の花」「ピンクの桜」「青空」「笑顔」

が全部そろって撮影できる、わずかな期間!   

そこに気づいていただいて、良い思い出写真をお撮りいただけるようにサポートするのも私の大切なお仕事。
 「まだか・・・そろそろだな」↓

タケノコ。そろそろだ!  

タケノコ堀りは、出てきたら、その本数を数えて、その数限定で開催するレア体験。

竹の子とシイタケは、開催しているのを見かけたら、必ず参加するのがおすすめです。

予定通りに出てきませんし、毎回すぐに定員いっぱいになりますから。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る