セミの幼虫を愛知では「ドンゴロ」って呼んでた。

2013.08.08
 「朝は見えたが・・・」↓

夏らしい気候がやってきましたね。朝は見えた富士山も・・

 「昼にはこんな」↓

夏らしい気候。 昼には富士山が見えない。

 「オモチャカボチャがどんどんなってきています」↓

 「クズ」↓

帰化植物・帰化動物が日本の生き物に色々な影響を与えている事は有名ですが、

日本発で海外で猛威をふるっているものも。 その一つがこの「クズ」。

アメリカでも日本からやってきたやっかいものとして、どんどん増えて困っているそうです。

グリーンカーテンには最適ではないかと思うのですが。

 「クマゼミの分布」↓

クマゼミの分布は太平洋側、関東よりも西の方が主なのですね。

今はこの図よりももっと広がっているように感じますけど。

 「セミの幼虫」↓

夜、森でアブラゼミの幼虫があちこちで木を登ってきていた。

愛知ではこれを「ドンゴロ」と呼んでいました。

※関係ないですが、麻袋(あさぶくろ)の事を全国的に「ドンゴロス」って呼びますね。
 変な名前だ。
 「羽化」↓

羽化もあちこちで。ちょっと横の枝先を見ると・・・

 「すんごい」↓

めっちゃ一杯の抜け殻。  気にいる場所はおんなじなのね。

 「これもいた」↓

ナナフシの小さいのがすご勢いで木を登っていた。

 「キュウリもぎ食べ」↓

農薬は一切使わず、テデトールのみ。  

虫がいたら・・・  手でとろう。   ウリキンウワバの幼虫か、ウリハムシが主ですが。

 「トウモロコシ2期目終了」↓

トウモロコシを楽しみにされていた方々、申し訳ございません。

水曜日で、2期目のトウモロコシ畑が終了となりました。

最後の畑は本数が少ないのですが、今度の土日に熟すにはまだ早そう・・・

しばらくはキュウリもぎ食べ収穫体験のみとなります。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る