タイヒマミレDAY

2010.01.19
 「今日はほぼ1日こんな」↓

広げて。

また広げて。

やっと夕方3:30ごろ終わった。

ここではまずラッカセイを育てる予定です。ほとんどどの作物も、予定よりも早くなくなってしまう現状。

ラッカセイの理由は、特に早くなくなってしまう人気作物、土が多少慣れていなくてもある程度育ちやすい

 タイヒを多少入れて土壌改良し初めで作るにはいいかな 等 
 「すぐ横の畑では」↓

ナノハナ摘みでも使う予定のナノハナの仲間が育ってきています。

この株は「冬華菜(とうかさい)」という早く咲く品種。だから「トウ(塔のようにスッと伸びる花芽)」が

たつのは他のコマツナよりも早い。
 「切っちゃった」↓

手で ブチィッ! と・・・。

ナノハナはトウをとっちゃった方がいいのです。こうすることで伸びるはずのエネルギーが花を作る方に使われ、

①スッと伸びるときよりも広がって育つので花が増える②背丈が低い方が花畑を眺めるには良い

③風で倒れにくい(背が高いと強風で倒れ、さらに成長するので「L字型」になり、刈り採り作業が大変)

 「寒さで・・・」↓

ナノハ菜(コマツ菜)が    シナシ菜(しなしな)になってますが・・・

大丈夫!今はこんなですが、春にはグングン伸びてきます♪

 「大根2コンテナ山盛り収穫」↓

大根は上部の凍りついた部分を切り落とし、地中の良い部分だけ収穫しています。

農場レストラン「いただきます」で大根注文があり、採っていたらこんなのが1つあった。

走ってるみたいだねえ・・・。           大根系男子。  ←?
 

 「午後富士山がきれいでした」↓

思わずシャッター押したくなりますよね。 1~2月頃は富士山が最もきれいな時期。

夏休みの頃は、1日中富士山が見えているのは10日に1日ぐらい。(朝はぼちぼち見えますが)

夏に遊びに来て、午後にも富士山が見えた思い出がある方はラッキーですの。

 「今年の分はあと5~6人分で終了だそうです」↓

駐車場にあるカフェ・ナチュラヴィータでは、まかいの牧場で採れたサツマイモを使ったジェラートが

いよいよ終了寸前だそうでーす。(写真中央のモノ)。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る