チーフが梅を梅干にしてくれています♪

2008.07.15
 「これが白梅酢だ!」↓

白梅酢とは、梅を塩漬けにして

アガってきた水のこと。

さすが佐野チーフ。この白梅酢も料理に使うそうです~。(何に使うのか聞くの忘れた・・・)
 「夕方冷蔵庫から出してくれる瞬間」↓

シソを揉んで、漬けました。(チーフが)

夕方うれしそうにチーフが見せてくれました。

 「シソが乗ってるな」↓

私も昨年近所の指導員の方に習いました。

赤シソをもむと水分が出てきますが、初めの水分はアクが多いのでダメ。捨てちゃいます。

2回目もダメ。3回目でようやく使える状態になります。

入れる目的は色づけや長持ちさせるためと、香り付け等。

まだ入れたばかりだから、色がついてませんがこれからいい状態になってゆくでしょう。

  ※ウメボシまでチーフが手作りしているレストランはなかなか無いだろう・・・・。
   相変わらず、手を惜しまない人だなあと感心します。

 「ウフフフ」↓

なにやらこれではさっぱり分かりませんが、

これはカブトムシやクワガタを採る、最高なモノ。

これを樹液の出ているクヌギにしばっておけば、採れちゃうのです。

作り方は簡単な上に安い!

用意するものは①「バナナ」②「焼酎(ほんの少しでOK)」③「アミとヒモ」

バナナをビニール袋に入れ、焼酎をチョチョッとかけて袋の口を縛る。

日向など、暖かいところに1~2日おけば完成という簡単さ。

バナナの糖分が発酵して虫の大好きな香りがガンガン出るのです。

アミに入れてヒモで木にくくりつければ、ハイ終了♪

 ※実は今日お休みですが、朝2時間ほど畑で作業をしたので、1晩置いた結果を朝見ました。
  ・・・・・・・・なんとっ!
  明日写真でアップしましょう。                  デッカイのがっ♪
                               ヒッパルナア・・・

 「14日の朝」↓

慰霊碑のトウモロコシ畑に行くのに、トラクターバスに便乗。

一緒に見えた親子さんに「・・・実はあそこにカブトが結構いるよ・・・・」っと教えちゃいました。

その結果を見せに来てくださいまして、「1本の木に4匹のカブトがいた!」と超ヨロコビ♪

虫採りは早いものガチなのです。
 ※ところで、もぎたてトウモロコシをもうすぐ食べられますが、おいしい食べ方も明日ご紹介しましょう。
  「塩水(湯)で10分茹でる」なんて絶対にダメですよ!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る