トウモロコシはまだ芽が出ていません(18・19日種まき分)

2009.04.24
「アーク溶接の機械の中身」↓

鉄の四角いワクに、ぐるぐるとコイルが巻いてあります。(黄色っぽい部分)

電気を高めてアーク(放電)をバチバチと出し、その熱で鉄を部分的の溶かすのがアーク溶接です。
 「講習最終日」↓

基本が分かりました。スタートラインですから、雨の日等に作業してウデを磨きたいと思います。

 「杏君の」↓

都合で早くまいたトウモロコシ。ぐんぐん大きくなっています。

 「トウモロコシ畑でトウモロコシよりも元気な植物・・・」↓

持っているのは「ソバ」。去年もここでソバを作ったので、今年もバンバン出てきます。

ビニールを持ち上げてきてしまい、トウモロコシが穴より低い位置で葉を広げて困ります。(助けます)
 「そのほかの草もびっしり生えつつあります」↓

私の大好きな言葉→「雑草という草は無い」植物学者だった昭和天皇のお言葉です。

そういえば24日は牧野富太郎博士の誕生日から、「植物の日」になっています。

コメントでプランター栽培のお話もありましたが、植物を育てると移り変わる季節を感じられて良いものです。

どんなに世が変わっても、時期になれば花を咲かせ実を付ける、その普遍さに心打たれたという博士の話を

思い出しました。
 「ニンニク畑(定点観測:よきぶーのカレーシュウ)」↓

種ニンニクは中国産と松木さん産と比較して、中国産の方が早く成長しましたが、松木さん産はがっしり太い

茎をしているなあ。   と思っていたら、大体同じようになってきた。

日本で育てたから、勿論全て日本産ですよ。なんだか微妙な気もするかもしれませんが、ちゃんと日本産♪

 「開拓の終わった部分」↓

GWに間に合った、駐車場拡張開拓。左奥の草が生えていないところがそこ。右手前はさつまいもの苗作り床。

GW後にさつまいも育成を一気に始める!8000株!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る