トウモロコシ募集本格開始!

2010.03.24
 「タネから自分で育てよう!~まきば農園トウモロコシ募集開始~」↓

トウモロコシは4月17・18日のどちらかお好きなほうで種まきが出来ます。18株3000円。

受け入れ組数は90組。昨年は一般向けに60組募集開始して3日で定員いっぱいになりました。

畑は広がらないので、1口当たりの株数を減らして受け入れ組数を増やしました。(1株単価は同額)

トウモロコシ種まき当日は、種まき終了後に続けて「コンニャク作り」も行えます。

コンニャク作りはタネイモを植える作業ですが、途中のお世話がほとんど要らないので11月に収穫と加工を

するまで、途中の作業日はありません~。

お問い合わせ、ご質問はagri@makaino.comまでお気軽にどうぞ。(すでに申込済みの方へは昨日一斉送信致しました)
 「キッズファーム」↓

職場体験「キッズファーム」。22日にバッチリ取材できたのでご紹介しようと思いましたが、

23日撮影分が多かったのと、数日お天気の悪い日が続きそうなので明日かあさってに特集してご紹介いたします♪

 「今日のナノハナ摘み」↓

菜の花のつぼみを摘んで、ゆでてすぐ食べちゃう人気の体験ですが、3月末頃までの予定なので開催日あとわずか!

 「え~っと・・」↓

包丁を手にして「こういうのボクできないんだよね・・」と自分で言いながらも、おばあちゃんの指導で

なんとかグリグリとコマツナを切ってお皿に盛るところまで出来ました♪

「やり方を知っている」のと、「やったことある」は違いますしね。  体験は大切だ。

 「ゆでます」↓

場内のマキの炎でお湯を沸かしております。

石油などの化石燃料を燃やすと、地面の中のCO2を大気中に放出する事になりますが、

「木質バイオマス」という考え方では、木を燃やすのはCO2が地球表面上でサイクルするので

地球表面上のCO2は増大しないと考えます。ガスの炎よりマキの炎の方がエコと言われるのはこの部分です。
 「綺麗に採れたよ♪」↓

ハヅキちゃん、ソウくん達はいつもよく遊びに来てくださいますが、今日種まきからトウモロコシの参加申込を

されました。

体験を通じて大人も子どもも成長できるまきば農園目指して、最高なサポートが出来たらいいなと考えております♪

 「食べよう!」↓

タカヨシくん達も、今日トウモロコシに申込みをされました。

「家族で同じ時間を過ごせる時期は短いんだよね」とコウヤくんのお父さんが先日おっしゃっていたのを思い出し、

「小学生のマナミも大きくなってきたからそろそろオレと遊んでくれなくなるんじゃないか・・」と

マナミちゃんのお父さんも。

※・・・ウチはまだ2歳ですが、ず~っと「おとうしゃんダイすきー」(現在)ではいかないのかしら・・?

 「この花は」↓

三椏(ミツマタ)。小さなバナナような、この樹が目立つのは、この時期だけ。

枝の分かれ目を見ると3つのマタになっています。それで「3つ又」の名前が。

繊維が強いので、紙の原料として「楮(コウゾ)」とともに有名です。

 「シイタケいいぞ!」↓

周りに数家族さんしか見えないのに「しいたけ収穫します~」の声で、3分かからず定員いっぱい。

露地栽培で出た分だけ収穫なので、HPにも謳えないしPOPもなかなか張り出せない(一応ありますが)。

そんな中、26日は出来そうですし、もしそこが雨なら27日にも出来そうです。(ココダケジョウホウ)
 「ジャガイモ畑」↓

シイタケをとった後、「トウモロコシを始めるから、ジャガイモ畑がどんな風かみたーい」
ということでソウくん達と

みんなでまきば農園の畑がどんな風になのか見学しに。(しいたけ収穫会場のすぐ上だったので)

ジャガイモはまだぜんぜん芽は出ていませんが、もう少ししたら、部分的に掘り出して撮影してアップしますね。

地面の中ではどんな変化がおこっているのか!?
 「夕方みんなにてつだってもらって」↓

ことしはナノハナ咲くの早すぎ。ってことで、牧場中のスタッフに手伝ってもらって30分ほどカマもって

花畑でブンブンと・・・。咲き始めた黄色い部分を落として回りました。そのほうがイロイロと良いのです♪

※昨年の「たねまきからトウモロコシ」の様子も再アップしたいなあ・・・。
 
 お、訪問者が8万人になる♪ みなさまありがとうございます~っ!!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る