トウモロコシ畑のお世話が未だ終わらず・・  急ぎ中。

2012.06.08
 「ネキリムシが出始めた」↓

やや。ラッカセイの葉が、根元からスッパリ切られて落ちている。 ・・ネキリムシの仕業だ。

根元をほじくると・・・いたいた、小さいのが。  育成手引書には「株元を掘ると見つかります」と

書いてあるが、実際はけっこう見つからない。5回掘って1回見つかるぐらいだ。

いると分かっていても、結構見つからない。
 「アリが種を食べている」↓

まいた種をさまざまなものが狙う。鳥・アリ・ダニ(的なもの)・線虫・虫の幼虫・腐らせる菌・・・

やられる前に芽を出せるかどうかが分かれ目。  (幸い、ここでは鳥の被害がほとんどない)

「種まき前に1晩水に浸すと良い」と書かれている本もあるし、逆にやめたほうが良いと書かれたものも。

体験的には・・どっちでも出るものは出るし腐るものは腐る。 それよりも地温が上がる事が大切だ。

雨降り中や、雨降り直後は全然ダメ。種を捨てる様なものだ。 みんな腐っちゃう。
 「石が出る・・」↓

もともと荒れ地だった所を開拓して作った畑。石がまだ出る。  

石は道路のへこみにまいて埋め、活用する。

 「みんなのトウモロコシ畑」↓

草取りと間引き・追肥料・土寄せのうち、草取りが終わらない・・。

写真中央が終わったところ。右がまだのところ。1期目の畑は全部で約3500株。

1株1~2分かかるので、まだ終わらない・・・。

 「マイマイガ発見」↓

トウモロコシにも、たまーに毛虫がいます。  たまーにです。

 「終わった部分」↓

根元でカットした雑草は畝間に置いちゃう。 タネが落ちないならそれでいいかなと。すぐ枯れます。

もう2週間早く終わっているべき作業・・・。  農業で時期を逃すと大変なことになる悪い見本だ。
 「梅の実狩り」↓

スタッフのオダギリお兄さんとオカムラお兄さんが、わざわざお休みの中で足を運んでくれました♪

昨年つくって、感動のおいしさだったので、今年も楽しみにしてくれていたのです!
 「3日でこんなにしぼられた」↓

梅ジュースは、梅と氷砂糖を同量を瓶詰めして作ります。水は一切入れない。(入れると腐ります)

浸透圧の効果で、3日でこんなに梅エキスが搾り出されましたよ。
 「スイカズラ」↓

スイカ+ズラ ではなく、「吸い口」に形が似ている「ツル(蔓:カズラ)」なので「スイカズラ」。

植え込みに勝手に咲いていた。
 「私のお気に入りのポスターの一つ」↓

2か月前に禅寺特訓に行きました。それを主催しているモチベーションアップ㈱様のポスター。

※無断転載、スミマセン(汗)

日々成長することは大切ですが、「毎日の成長のわずかな違いが大きな違いになる」という事の見える化ポスター。

※ここのところ、スポーツが面白いですね。勇気づけられます♪  ステキだ・・♪
 

コメントを残す

ブログ一覧に戻る