トウモロコシ種まき最終日がやってきました(4月24日・日曜日)

2011.04.24
原発の警戒区域の内容を知ってしまってショックです。
世界中の方々が、今の日本人の生活をすると、地球が20個必要だそうです。

         「今の日本の、普通の生活」はまちがいなく贅沢すぎるのです。

でも車の便利さや、インターネットの便利さを知ってしまった自分に、いきなり「使うな」なんて無理です。

現実的には、「ムダの無い(少ない)生活をする」「事実を知る(知らせる)」の

この2つから始める以外に無い様に思います。

 「雨の朝」↓

土曜日はドシャブリ。乗馬コースの整備をミツイお兄さんとオカムラお兄さんがカッパ着て頑張っていた。

 「まずは名札を書く」↓

モモカさん、ミクさんは自分達の畑の看板を描く♪

今年から自分で描くようにしてみました♪

 「いきなり椎茸収穫」↓

雨の降る中でしたが、「今日椎茸で来ます?」の質問に・・・

「! やりましょう!」  と応えた私。

いきなり椎茸収穫開催~♪
 「雨+モグラの穴」↓

足がズボッと埋まる。モグラの穴だ・・・。  ココだけ、はまるほど土が柔らかいな。

 「めっちゃ出てる~」↓

地震の影響(大振動)もあり、椎茸が過去に無いほどの出かたをしている。

日曜日も13:30から開催!! もし1回開催してまだあるようなら、

14:45の羊レース直後にも、もう1回開催するかも。レース会場にて。
 「トウモロコシ種まき」↓

本来は雨でドログチャの畑に踏み込むのはNG。

でもトウモロコシにタネをまくところにはマルチ(ビニール)がかけてあるし、ウネ間も草が生え始めたら

土寄せして耕すので、雨天決行しました。

手に持っているのが、ススム義父さん自作のマルチ穴あけ器。  大活躍♪ ありがとうございます♪
 「ユナちゃんの持っているのは・・・」↓

山菜のひとつ、「ノビル」。ジャガイモ畑の近くにビッシリ生えています。

たまに大きいのもあるけど・・・・、ほとんどは小さい。        密生しすぎの為だな。

 「羊の毛刈り」↓

雨なのでふれあい学習館で開催。実習に来ている動物学校の学生さんも、勉強の為に参加して行われました。

 「富士山の噴火について」↓

富士山は死火山でも休火山でもなく「活火山」です。

今後噴火はしますか?という問いには「100%します」という科学的な返答が出来ます。

200~300年おきに、分かっているだけでも過去に15回以上噴火している、活動の真っ最中。

いま、前回の噴火(宝永の噴火)から300年以上経っています。

火山の寿命は80万年~100万年。富士山は8万年ほど。 若いのです。

人間の尺度では「富士山が噴火なんて信じられない」かもしれませんが、火山の寿命で考えれば100年なんて一瞬。

 「なるさわ道の駅の富士山博物館」↓

ここへ行ったのは、東北の地震もあって富士山の噴火についてもう一度再勉強したいと思って。

ココでしか見たことのない「シースルー富士山」は実に良く分かったので、コレを見に行ったのです。
 「こんな」↓

必ず噴火は起こります。

「過去の事例をすでに研究しておられる方があるのに、それを知らないでいるなんて研究者に失礼だ」という

意見を目にしたことがありますが、私も少しそう思います。

※昨年10月、原発の防災訓練で「電源喪失や地震被災時の対応」について国を挙げて行っていたのです。
 今回の震災では、その時に訓練した内容を なーんにもしないで 新しいことを思いつきでドンドン進めた。
 
 今日の最後に
リンクした内容の中に
 「難しい計算をするのに電卓があるのにもかかわらず、それを使わずにいて、指折りで数えていたら
  指が足りなくなって間違いばかりしている」と表現があった。
 今の現状を表現するのに、ピッタリだと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

被災地の動物を救うプロジェクト発足。

【~All For One Animal~ みんなが1頭のために・・】

人と共にあった動物達も、大変な目にあっています。そんな動物達に出来ることがある!と始まったこの運動、

TCA ECO(ティーシーエー・エコ:動物・環境等の専門学校さん)の卒業生と先生が中心になって

立ち上げられました。

天災・人災の今回の被害は、人にも動物にも甚大な影響を与えています。

出来る事をしてゆこうというその姿勢が大きく広がろうとしています。ぜひご覧くださいませ・・・!
   ↓
http://www.all-for-one-animal.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本の現状↓ 驚愕です。
http://tiltmax.iza.ne.jp/blog/entry/2255385/

コメントを残す

ブログ一覧に戻る