トウモロコシ3期目の種まき完了!

2012.05.10
 「ツツジが美しい・・」↓

一斉に咲き始めるツツジ。花壇や生け垣も美しく彩られ始めます。

草もどんどん伸び始めるこの時期、営繕さんは草刈りに追われます。

 「なんか出してますよ」↓

黒いでっかいボールに、傘を乗っけた様な不思議なものを出しています。

あれは、アブなどの虫採り器。放っておくだけで、動力ゼロで虫がどんどん捕れます。消耗品はなし。

なんてすばらしい・・♪

 「やさしさ」↓

遊具コーナーのたかいたかい天井には今年も傘がぶら下がっています。

これは「ツバメの巣受け」。ヤマグチおじさんの優しさです♪ 

下が汚れず、つけ外しも簡単。経費もほぼ不要。
 「お手伝いのヤマグチ君に任せて・・」↓

朝1番の30分ほどで、マルチ張りのコツをもう1回一緒にやって覚えなおしてもらい、

私は牧場のトラクターバス等の運転や、幼稚園さんの受け入れの手伝いへ・・・
 「幼稚園さん到着♪」↓

牧場が、一瞬で違う場所のようになります。

みんな今日を楽しみにされていたに違いありません♪ しっかりお迎えしようって思いますね。
 「ジャガイモ畑&ユウダイさん」↓

ジャガイモもスクスクそだってきました♪

その山の上の畑へ、この春入社のヤマモトユウダイさんが。慰霊碑にお参りに来てくれたようでした。

GW中はものすごーーーーく大変な毎日だったはず。やっと、やっととれたお休みで、牧場にきて、

慰霊碑にお参りの為に山の上に登ってきたなんて・・・なんて牧場愛にあふれているんだ・・と一人で感動。

これからも頑張ってもらいたいものです♪

※静岡サービスエリアの登り側にまかいの牧場のお店があります。
 訪れた際には、ぜひ「まかいの牧場知っているよ(いったことあるよ♪)」っと一言を掛けて下さると
 スタッフもとーーっても嬉しいです♪(「ブログみたよー」とかもね♪)

 「夕方終わった・・・」↓

約600株程の3期目畑。種まきがずれるとまずいので、なんとか今日中に終わりたかった。

幼稚園さんが帰られた後も頑張って、なんとか終われた。(追われた・・・)
 「竹ぼうき(未熟な使い方)」↓

竹ぼうきで箕(み)にゴミをいれる際、竹ぼうきを手の部分だけで持っていると、ふらふらして力が入らない。

これは甘い。
 「竹ぼうき(慣れた使い方)」↓

竹ぼうきの棒の先を腰に当て、そのうえで中央を手で持って動かすと力が入る。

その職場の技術レベルを図る、一目でわかるものの一つに「竹ぼうきの先の減り具合・使い方」「ロープの状態」

等があります。他施設に行っても道具の扱いを見ればだいたいのレベルが分かります。

他にも「馬の蹄を見ればレベルが分かる」とか「鳥(馬)が出来ればどんな動物でも出来るようになる」とかね。
 「こんなものが富士宮市内にあります」↓

馬飼野(まかいの)の名前は、人の名前。音楽で有名な馬飼野俊一(しゅんいち)さんと兄の康二さんは

作曲家は全国的にあまりにも有名。馬飼野さん作のものは多いですのよ。

たとえば「テントウムシのサンバ」なんかも馬飼野さん作♪

他にも・・・ウィキしたらめっちゃ一杯。多すぎて5000文字を越えたので明日ご紹介しましょう♪
 「暗くなるころ」↓

下の段の駐車場を耕して畑にする準備で、駐車場のロープ等を外す。来年にはパッと使えるように、

ロープのハジに白いガムテープを貼って、そこに絵と字を書いておいてみた。これならばっちりだ♪

7時過ぎ、真っ暗になる前になんとか終われた。(追われた・・・)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る