トランポリンの秘密を知った瞬間

2013.08.27
 「キュウリもぎ食べの終わりが近いです」↓   ※キムラお兄さんレポート

20名程のご参加を頂き、定員いっぱいに・・

キンキンまで冷やしてキュウリを頂く。

子供達はキュウリに、トゲに、ビックリ( °∀°)

収穫が間もなく終わります。
 「朝の富士山」↓

1本雲がかかったり、それが急に無くなってスッキリしたり。

この繰り返しでほぼ1日中見えておりました。   

  夏の風の中に、ちょっぴり秋を感じます。

 「秘密の瞬間」↓

先月の「笑神様は突然に」で、ここのトランポリンの秘密が全国放送され・・・・

今日はその秘密を体感する目的でお越しくださった皆様♪

お母さんが体感し・・・・驚きと笑いで崩れる瞬間  のショット。

言葉で言えないこの秘密、知っている人と知らない人しかいない。

ちょっと知っている って人はいないのです。
 「富士山バックに」↓

1日中見えていたので、富士山をバックに入れて乗馬の写真が撮れた 珍しい1日。

 「雲はこのぐらいがいいですね」↓

全部がババーンと見えているのも良いですが、少し雲がかかっているぐらいの方が大きさを感じられて

いいかもしれませんね。

 「羊が・・・」↓

午後、通りがかると羊達がみんな、木の根元に頭を突っ込んで、じーっとしている・・・

何をしているのか・・・近づいて観察してみた↓

 「何してんだ?」↓

近づいてみたら・・・反芻(はんすう)していた。

なんで木の下が好きなんだ?涼しいのが好きなのはわかるのだが・・・

※反芻とは、一度食べたもの(第2胃まで入ったもの)を口へ戻して噛み直してまた飲みこむ行動です。
 食物繊維は消化吸収しにくいから、動物によって様々な工夫をしています。
 腸がすごく長い、糞をもう一度食べる、微生物をおなかの中で飼う等々・・・
 「ヤギのお散歩」↓

ヤギの飼育体験みたいな、ヤギのお散歩。

この非日常な体験もお勧めの一つです。  

なかなか思う通りには動いてくれない場合が多いけれど・・ヤギさんの事がちょっと分かります♪
 「ファームツアー」↓

体験を通じて、人と家畜の関わりを学び(表現固すぎ)ながら

牧場の裏側をご紹介してゆくファームツアー。夏休中は3時から毎日開催中でアリマス。
 「夕方でもばっちり見えました」↓

この夏休み中50日間で、昼過ぎまで富士山が見えていたのは月曜日で4日目。

それも4日間は全部お盆過ぎ。

夏は、見えないのが普通です。
 「アリジゴクの成虫」↓

アリジゴクの本当の名前は「ウスバカゲロウ」。  この虫です。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る