ドカーンッ! カミナリ近所におちまくり!

2007.09.10
ラッカセイはやせた土地でも作れたりします。

それにはこんな秘密が!

ラッカセイの科学↓

下の指がさしているのは「根」。

根になんだかポツポツちいさな「こぶ」がついています。

ここに「根粒菌」という菌がおります。

コレは空気中の窒素を固定する作用があります。

要は、空気から栄養を摂れるのです!

上の指がさしているのが「子房柄:しぼうへい」。

落花生の名前のとおり、花が終わったあとからこの根のような子房柄が

おちるように伸びてゆき、地面に刺さった先が膨らんで種子ができます。

かわった植物ですね。

家族で楽しくラッカセイを洗うの図↓

ゆで落花生もトウモロコシと同じく、今年初めての試み。

というわけでいくつかの解決しなければならない問題がありました。

その1つが「1つの蛇口で大人数が同時に落花生を洗う」でした。

バケツや大ボールを用意して、水は大きな大きなズンドウにホースで

水を入れ続ける。洗うときは必要な分だけそこからくみ出す方法で解決。

さて、今はサツマイモとダイコン・ハクサイの収穫してすぐ食べを考案中。

どうしたものか・・・?
キュウリカリポリ↓

今日も又、嫌いな子がポリポリたべてお母さん喜びシーンが見られました。

う~ん、食育の1つだな。

このあとのカブトムシ捜索で1匹みんなで発見できました♪

※!!!!!
  このブログ終わるまでに2回も落雷による停電で打ち直し!
  たのむよホントニ・・・。
  打ち直しのたびに文の内容がチョコチョコかわってゆくが。
  おかげで12時過ぎたので、9日のブログ更新をしてないみたいじゃんか。
  

コメントを残す

ブログ一覧に戻る