ナノハナ摘み食べは4月5日まででおしまい!現在毎日開催~。

2009.03.25
「新農場レストランでいただきます」からお知らせ~。    25日(水曜日)はお休みします。

20日からプレオープンさせていただきましたが、食材がなくなるほどの超人気ありがとうございます。

本格オープンは3月29日からですが、それまでは営業時間も短縮もございます。(終了が2時等)

  「レストランに本物の野菜を飾る」 ↓

この外国版タライみたいなのは野菜を作るためのプランター(のようなもの)。

土を入れに、造成中の畑へ。

 「朝方1時間ほど馬飼野会長と畑で」↓

このまかいの牧場を1から創った方。満州引き上げで戦後朝霧高原に入植し、

明日の食べ物も無いような厳しい生活を耐え抜き、今の礎を作った本物の「開拓者」なのです。

約40年前に「ただの牧場から、自然と動物とのふれあいのできる観光牧場にしよう!」と

心に決めなければ、今日の牧場はないのです。
 「レストラン前の野菜にカワイイ名札が付いてます」↓

いろいろよ~く見ると発見できるポイントがイッパイ♪

手作りイッパイのレストランにはそんな楽しみ方も。
 「今日のナノハナ摘み食べ体験」↓

平日でもたくさんのご参加を頂きありがとうございます。

平日限定で動物にあげる用の収穫、「参加無料花摘み」も同時開催。

 「水にさらします」↓

ゆで時間は20~30秒。生でもおいしいぐらいですから、茹ですぎのほうがおいしさが逃げちゃう。

 「あーん①」↓

まさき君たちは先週もあそびに来てくださいましたね~。

ナノハナ摘み食べは春の体験として、今年で3回目。まだまだいろんな食育を実践します!
 「あーん②」↓

いいねえ。来年の看板候補。   ・・・・・ところで醤油いれすぎ。醤油辛かったね。

 「パクッ」↓

毎回、普段おうちでは食べない子が食べるようになったりしてます。

やっぱり「出されたものを食べるだけ」の生活の中では絶対に見えてこないことがありますよね。
 「こはくとともや君」↓

「こはくLOVE」ではNo1といっても過言ではないともや君。

今日もこはくを1日眺めて、いろんな観察ができていました。

物言えない動物相手の「飼育」は観察がもっとも大切。普段とチョット違うしぐさに気づけるかどうかです。

「今年度のスケジュール」↓ ジャガイモ・トウモロコシはすでにイッパイです、ありがとうございます。

4月に入ったら、落花生とサツマイモの募集事前連絡をして本格募集期間に入ります。

事前申込はすでに始まっており、ラッカセイは半分ぐらい、サツマイモは3分の1ほどの定員状況です。

 この3連休中、ジャガイモ植え付けで19家族さんが見え、他の作物の追加申込は20件。

4月18・19日のトウモロコシ種まきの日に多くの申込が予想されますので、申込を考えている方は

それより前のほうが確実です。
 たけのこ堀はもうすぐです~。4月10日あたりからGWぐらいまでが例年の採れる時期。

  ※WBC感動ーっ!  

コメントを残す

ブログ一覧に戻る