ニンニクの芽が出た♪ コンニャクが収穫時期を迎えつつあります。

2015.10.24
「ニンニク畑」↓

初めの方に植えた、リキ君のニンニク畑、芽が出始めております。

 「収穫時期は来年6月」↓

ニンニクは畑で育てる期間が長い。 9カ月近い。

来年のゴールデンウィーク前には、ニンニクの芽(ニンニクの花の茎)が収穫できますし♪

残りの1800株を早く植えねば・・・(汗)
 「コンニャクの茎がグンニャリし始めました」↓

11月に入れば、コンニャク芋の収穫時期です。12月にはコンニャク作りができます!(1月でもOK)

※コンニャクの畑をお持ちの方は、お好きな日にコンニャク作りができます♪
 開催時間は応談いたします~。

 「大根畑」↓

やっと畝間の除草。土寄せが半分しかできていない・・  

現在の急ぎたい作業①ニンニク植え付け②大根畑の土寄せ ですが、

サツマイモのツル刈りを進めないと、サツマイモ堀りが開催できなくなる・・・   

毎日膨大なツルを刈り取って動物に届けております。

 「毎日13:30の芋ほり」↓

金曜日は、1家族様でゆったり開催のサツマイモ堀り♪

後半の、こちらの畑は畑の場所によってデキのムラがあります。  全面大豊作にしたいが、難しいものですね。

 「早速試してみましたよ!」↓

八ヶ岳の研修で学んだことの一つ「お手軽・炭焼き体験」。

炭焼きは、やってみたいプログラムでしたが、数日かかるので日帰りのお客様では無理だろうと思っていました。

ところが! 松ぼっくりを見事な「スミ」に仕上げる、30分ぐらいのプログラムがあることを知りました。

で、牧場には松ぼっくりがほとんどないので、ドングリでやってみたのです。

・・・・・結果は! ・・・できました!        ただ・・・松ぼっくりのスミほど見事でもない。

あの細かい造形が見事に炭になるといい感じでしたが、ドングリの炭は、ただ黒いだけっぽい。

ぬー・・・・   数年後を見据えて、アカマツ・・・植えるか。      それもいい。

 「山盛りデリバリー」↓

サツマイモのツルを動物へ! 軽トラック1杯分を刈って丸めて、載せて、届けるまでに2時間半ちょいかかる。

一人ではそろそろ限界。(体力はいいのですが、収穫体験分を確保するのが追い付かなくなってきた・・)
 「頑張れる原動力」↓

ツル刈りが、過去にないほど順調に進んできているのは・・喜んでくれる相手がいるから。

動物はもちろんの事、牧場スタッフも喜んでくれるから。

相手が喜んでくれるって、頑張る原動力になります。         なんでもそうですね♪

 「グランピング目指して大工事中」↓

旧モンゴル村は、グランピング会場となるべく、大工事中。

 「各サイトへの道も整備中」↓

 「各テントサイトにこれがついています」↓

牧場の石と、銀杏の太枝で作った炉が、各テントサイトに手作りされております。

この間、うちの家族でお試しキャンプしましたが、素敵な炉でのたき火はやっぱ、いい感じ!

※ここは、11月半ばオープン。 開始時期が後ろにずれていてスミマセン。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る