ニンニク植えたり、シイタケ、ギンナン、サツマイモを食べたりした土曜日。

2014.10.26
 「ニンニクを植え付ける」↓

ニンニクを植え付けるユウゴ君。「ニンニク植え付けからラー油作り」は植え付け所要時間15分。

来週末が今年最後の受入日になります。来週末から11月中旬までは、小麦種まきからうどん作りの

種まきが始まりまっす。   やってみたい方はagri@makaino.comまでどうぞ~。ただいま募集期間中。

※両方とも5000円で最後のお料理+収穫持ち帰りまで体験できます。

 「ギンナン干し」↓

たき火をするときに、チョビチョビ焼いて販売してゆくギンナン。洗いが終わったのでよ~く干す。

土曜日も1袋70~80粒ほど入って100円で販売。10袋しか焼かなかったけれど、完売~。

 「ドラキュラ一家」↓

左は「ユウゴ・ヒゲーノ伯爵」。

 「シイタケもぎ焼き食べ」↓

数日の雨のおかげでシイタケ収穫ができました♪

200個以上あったが、1回の収穫ですべてなくなり・・  2回目の開催はありませんでした。
 「たき火で焼く」↓

焼いたら、お醤油と塩コショウとピンクローズソルトなど使いつつ、食べる!

今日もシイタケ嫌いなはずの子がパクパク食べる!  

収穫体験のパワー!  「自分で採るから安心できる」というのも、大切な味付けですね。

 「続けて」↓

ドングリ笛づくり。   真剣だ。

ドングリ笛づくりも、そろそろ終了。

なぜなら・・・

 「新鮮なドングリがいい」↓

左は、ちょっとカビが回って痛んできたドングリ。 右はきれいでしっかりしたドングリ。

ちょっとでも黒っぽいのは、削るとガリグシャとつぶれやすい。 痛んでいるから。

よ~く乾かして保存していたものは、中身が固くなりすぎて掘り出しにくかったりすることも。

なんでも「時期」というものがあります。

 「土曜日のサツマイモ堀り」↓

約100名ほどの皆様とサツマイモ堀り。

現在70%ほどがなくなりました。

 「やった!」↓

でっかいイモを掘りだした1秒後の瞬間。

この列前の2列は、全然イモがなくてドキドキしちゃいました。

 「心配された」↓

営繕のおじさんに、「・・・なんか疲れた目ぇしてるよ・・・大丈夫か?」と心配されました。

「いえ・・大丈夫です・・・(?)」と返事をする私。

10秒ぐらいしてから、

メイク落としてなかったことに気が付いた。
   心配してくれる人がいるってありがたい。      (ムダナシンパイヲカケルナ)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る